育毛剤の効果

薄毛、抜け毛が目立ってくると皆さん気になりだし、育毛剤を使用している人は結構いますよね。

そもそも育毛剤とはどの様なものかを理解した上で、自分に合った育毛剤を使用したいものですね。

育毛剤の効果には以下の様々な物があります。

①頭皮の血行促進。

毛髪に必要な栄養は血液が運んでくれます。なので血行を良くすると薄毛が太くなります。また発毛にも効果的な為、薄毛対策には重要ですね。

②男性ホルモンの抑制。

当ブログの「薄毛の原因は遺伝」でも紹介しましたが、M字型の薄毛の方は特にこの男性ホルモンによる影響が一番大きいとされていますね。

③頭皮の健康状態を維持する。

頭皮の健康状態とは、乾燥からくるフケやかゆみ、皮脂や古い角質等が頭皮の毛穴に詰まり、ふきでもの等皮膚の炎症が頭皮にできてしまう(顔でいうニキビ)。

④毛母細胞の活性化。

髪の成長に必要な栄養を頭皮から直接送り、毛母細胞を活性化させる。

主に以上3種類の効果があるのですが、育毛剤の種類により①②のみや①③④のみ等、様々です。

また厚生労働省認可と記載されている育毛剤は厚生労働省が育毛に効くと認めた成分が入っており、その分育毛に効果的だと言われます。

また育毛剤は基本的に半年~1年の間使用しなければ効果がでないと言われています。

それにより、育毛剤を使用しても効果がでないと思い止めてしまう人が多いです。

何故こんなに何ヵ月も掛かるのか?

それは、発毛サイクルがあるからです。

簡単に説明すると、古くなった毛髪が抜け、新しい毛髪が生える、そして毛髪が生えにくくなる停滞期等があります。

この停滞期に中々髪が増えず、止めてしまうと言うことですね。

ですので、育毛剤を使用する場合は半年~1年は使いたいところです。

※育毛剤には副作用が起こる可能性があります。自分に合った物を使用しましょうね。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。