薄毛の原因はヘアケア

普段の生活の中でヘアケアはとても大切です。

いくらヘアケアをしていても、それが正しい方法でなければ逆効果にもなります。

なので今回は正しいヘアケアの方法を紹介していきたいと思います。

まず洗髪について、1日に何度も洗髪するのは頭皮に良くないとか、皮脂があると汚れが付着するから何度も洗わないと…等、色々な説がありますが…

結局は1日に一回洗髪するのが理想的です。

日中付着した汚れは皮膚に良くないので、就寝前には洗髪することをお勧めします。

お風呂から出たら、ドライヤーで髪を乾かしましょう。

髪が濡れたままだと雑菌などが繁殖しやすく、髪に良くありません。

この時ただ乾かすのではなく、ドライヤーを頭から少し放し熱くなり過ぎないように注意しましょう。

一点に集中して乾かすのも良くないですね。(美容師さんの掛けるドライヤーの乾かし方)

これをしないと頭皮が乾燥し過ぎてしまい逆効果になってしまいます。

頭皮が乾燥し過ぎると水分を維持しようと皮脂が出てきます。

せっかく洗髪したのにここで皮脂を出し、その皮脂にホコリや汚れが付着してしまい意味がありません。

髪の毛も熱で痛めてしまう恐れがありますね。

髪の表面はキューティクルで水分が逃げないようコーティングされています。

このキューティクルは熱に弱いので、キューティクルがドライヤーの熱で剥がれてしまい髪の毛の水分が保たれなくなる為、髪の毛が細くなります。

弱くなった髪は必然と抜けやすくなってしまうので、気を付けましょう。

以上の事なら実行するのは難しくないと思いますので、お互い頑張りましょう。

小さい事かもしれませんが毎日の事なので、やるやらないで効果は違って来ると思います。

スポンサード リンク


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。