薄毛の原因は食事

髪を健康に保つ為には一般的に、「タンパク質」、「ビタミン」、「ミネラル」が必要とされています。

髪の毛の主成分は「ケラチン」というタンパク質で出来ています。

そしてそのケラチンの合成をしてくれるのが、「亜鉛(ミネラル)」になります。その活動を活発にしてくれるのがビタミンです。

亜鉛が不足するとケラチンの生成が低下し、弱く細い髪の毛になってしまう為、抜け毛や薄毛に繋がります。

一般的に日本人男性の約90%の方が亜鉛不足といわれます。あなたもそうかもしれません。

亜鉛の働きには主に、生命の維持、精子の生成、髪の組織生成とありますが、亜鉛が消費されていく順番も決まっています。

そうです、亜鉛不足で一番最初に影響が出てくる場所が髪の毛なんです。

亜鉛が不足していると他にもこんな症状が出ます。

例えば、目の疲れ、風邪を引きやすい、生理不順、精力低下等…いやぁ亜鉛って大事なんですね!

ビタミンは良く肌に良いと言われますが、皮脂の分泌を抑制し、皮膚の新陳代謝を良くしてくれる働きがあります。

各代表的な食べ物

  • タンパク質:肉、魚、豆腐、納豆等。
  • 亜鉛:牡蠣、うなぎ、レバー、納豆等。
  • ビタミン:緑黄色野菜、玄米、レバー、バナナ、イワシ、豆類等。

こう見ると納豆ってバランスも良くて、万能ですね。(ニヤリッ)規則正しく、バランスのとれた食事が理想的だと思います。

しかし、中々そうもいきませんよね。なので私がオススメするのが栄養サプリメントです。

栄養サプリメントなら近くのコンビニ、ドラッグストア等でも気軽に入手出来ます。

しかし、過度な摂取は禁物です。用法用量を良く読み使用してくださいね。

スポンサード リンク


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。