薄毛の対策 過度な刺激

ただ刺激と言っても全てが悪いわけではありません。

育毛のツボを程よく刺激すれば、血行促進により抜け毛や発毛促進の手助けになります。

あくまで「過度な刺激」は、頭皮の健康状態が保てず薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

また、この刺激により「頭皮のかゆみ」が生じる可能性もあります。

では過度な刺激とはどのようなものでしょうか?

今回はそこについて代表的なものを書きたいと思います。

ブラシで叩く

これは聞いたことあると思いますが、ヘアブラシで頭を叩き毛乳頭を刺激して血行促進を促す手法です。

昔CMで見かけた方も多い筈です。しかしこれは間違った方法です。

ブラシで頭を叩くと頭皮が赤くなります。これは頭皮が内出血しているのです。

それにより、頭皮の血行が悪くなります。また、頭皮の角質も傷つけてしまい完全に逆効果です。

絶対に止めましょう。

シャンプーと洗髪

肌に合わないシャンプーを使い続けると頭皮が過度に刺激され、頭皮の角質を傷つけてフケが発生します。

このフケが頭皮のかゆみの原因になります。

洗髪時に頭をゴシゴシ洗いすぎても同様で、頭皮に過度な刺激を与えてしまいます。

シャンプーが肌に合わない場合は直ちに違うシャンプー(頭皮に優しいノンシリコンが良い)に変えましょう。

また「正しいシャンプーの仕方」を実践しましょう。

カラーリングやパーマ

上記にはアルカリ性の強いアンモニア系の成分が入っています。

その為、注意書きには頭皮に付着しないように等と書いてありますね。

これもまた頭皮に過度な刺激を与えます。

カラーリングやパーマ自体髪を傷つけてしまうので、なるべく控えたいところです。

それでもやる場合は、頭皮に付けないよう充分に注意しましょう。

スポンサード リンク


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。