くせ毛に悩む女性必見!チャップアップトリートメントの成分・効果・口コミ

女性用チャップアップトリートメント

チャップアップトリートメンはチャップアップシャンプーと同時に発売開始されました。

この2つは美容師やスタイリストがおすすめするシャンプーとトリートメントとして、ネット上では今ちょっとした話題になっています。

前回までは、チャップアップシャンプーを実際に使用して、その口コミを記事にしました。こちらの記事「【口コミ】チャップアップシャンプーを実際に使用!男性と女性の口コミ」です。この記事内にある女性の口コミの部分では「髪の長い女性はトリートメントを使用した方が良いかもしれません」と書きました。

今回はせっかくなので、このチャップアップトリートメントを紹介していきます。

この記事では、チャップアップトリートメントについて、基本スペックから成分・効果などを解析しています。これにプラスしてチャップアップトリートメントが

「何故くせ毛に良いのか?」

「実際に使用した口コミ」

なども書いています。

チャップアップトリートメントが気になる人は、良かったら読んでみて下さい。

チャップアップトリートメントの基本スペック

チャップアップトリートメント

メーカー 株式会社ソーシャルテック
価格/内容量 2,980円/200g
シリコン ノンシリコン
商品特化 独自成分配合
自己評価 8点/10点

自己評価8点としていますが、正直に言うとこの評価は分かりません。私が他の高級トリートメントを使用したことが無いので比較対象するものがありません。市販の2,000円以下のトリートメントを使用したことがある程度です。

なので、自己評価はあまり充てにしないで下さい。

チャップアップトリートメントの全成分って初めて書いてみたのですが、とにかく一杯配合されています。全50種類もの配合量で、チャップアップシャンプーよりも配合量が多いのにビックリです。

公式サイト⇒「チャップアップトリートメント

チャップアップトリートメント【全成分】

●水●セテアリルアルコール●シア脂●オリーブ果実油●グリセリン●PEG-5ステアリルアンモニウムクロリド●メチルグルセス-20●セバシン酸ジエチル●プロパンジオール●(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10●リン酸セチル●ラウロイルアルギニン●アルギニン●セバコイルビスラウラミドリシン2Na●γ-ドコサラクトン●タマリンドガム●レシチン●アルガニアスピノサ核油●バオバブ種子油●セラミドNP●セラミドNG●セラミドAP●フィトスフィンゴシン●ベヘニルアルコール●バチルアルコール●トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル●ステアリン酸●ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10●ステアロイルラクチレートNa●グリチルリチン酸2K●ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)●ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン●ラウラミノプロピオン酸Na●フェノキシエタノール●ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル●ヒドロキシプロピルシクロデキストリン●BG●クエン酸●サガラメエキス●セージ葉エキス●ローズマリー葉エキス●キュウリ果実エキス●タチジャコウソウ花/葉エキス●ラベンダー花エキス●セイヨウサンザシ果実エキス●アルテア根エキス●カミツレ花エキス●ゴボウ根エキス●トウキンセンカ花エキス●香料

トリートメントを使用する目的

知っている人も多いかもしれませんが、トリートメントの目的とは何なのでしょうか?

後でチャップアップトリートメントの成分や効果を解析していきますが、何のためにトリートメントを使用するのか、目的を再確認しておきましょう。

トリートメントの目的は「水分・油分の補給」です。

髪の毛は理想的な水分量が決まっていて12%~13%と言われています。この水分量が少ないと乾燥したパサパサした髪の毛になってしまいます。こうならない為にも、水分は必要です。

この水分を逃さない為にも、油分が必要になってきます。この油分で水分を多く含んだ髪の毛をコーティングし、紫外線やドライヤーの熱による水分の蒸発を防ぎ、髪の毛の水分量を守ります。これにより枝毛・切れ毛も防ぎます。

また油分には、乾燥を防ぐと同時に紫外線や風などによる外的刺激から髪の毛を守ってくれる効果や乾燥を防ぐ事で髪の毛が絡まることも防いでくれる優れた効果に期待できます。

髪の毛が長い女性には特に必要なもの、それが「トリートメント」です。

くせ毛に悩む女性必見!効果的なトリートメント

くせ毛の女性

タイトルにも書いてありますが、チャップアップトリートメントは、くせ毛に悩んでいる女性に必見です。

では、「何故、くせ毛に良いのか!?」を見て行きましょう。

くせ毛が酷くなってしまう原因は様々ですが、ザックリ言うと以下になります。

  • 髪の毛にダメージがある
  • キューティクルが開いている
  • 髪の毛の水分、脂質などバランスが悪い
  • ホルモンバランスの乱れ

などが上げられます。

くせ毛は、髪の毛の水分バランスが崩れると酷くなります。髪の毛にダメージが残っていても酷くなります。この場合、ダメージホールと呼ばれる穴が髪の毛の内部にでき、そこに水分が入り込むと髪の毛がうねることで、くせ毛は酷くなります。これが原因で梅雨など湿気の多い日は、くせ毛が酷くなります。

チャップアップトリートメントは、髪の毛に優しい弱酸性である為、理想的なPH値で髪の毛の潤いを保ちます。また、ラメラ液晶を構成している原料が髪の毛に浸透し、水分が逃げにくい構造にしてハリ・コシを与えます。

γ‐ドコサラクトンを配合しているので、ドライヤーの熱でキューティクルを閉じさせて、修復してくれる効果にも期待できます。プロパンジオールとグリセリンの配合により、更に高い保湿力を発揮してくれます。サガラメエキスの効果により、髪バリア機能の正常化をして、加齢からくる髪の毛のパサパサを修復することによって、くせ毛にも効果が期待できるんです。

チャップアップトリートメントは、くせ毛が完璧に治る訳ではありません。ですが、くせ毛を軽減することに期待できるトリートメントです。

ザーッと書いてしまいましたが、詳しくは下記の「チャップアップトリートメントの成分・効果を解析」で1つ1つ説明しています。

チャップアップトリートメントの成分・効果を解析

まずは、チャップアップトリートメントの成分や効果について、解析して行きましょう。

  • ノンシリコン
  • 毛髪に優しい弱酸性(PH3.8)
  • オーガニックエキス10種配合
  • ラメラ液晶を構成している原料が髪に浸透しハリ・コシのある髪に
  • 髪のダメージ部をドライヤー熱で補修
  • ボタニカル処方により頭皮への刺激も配慮
  • プロパンジオールでベトつかず保湿、抗菌
  • フルーティーローズの香りで加齢臭、頭皮の嫌な臭いを抑える
  • サガラメエキスで髪バリア機能の正常化をする

チャップアップトリートメントの成分と効果は以上になります。

トリートメントといえど、これだけの効果に期待できるのは凄いですね。それでは1つ1つ見て行きましょう。

ノンシリコン

チャップアップトリートメントはノンシリコンです。

初めに言っておきますが、私は「シリコン=悪」だとは思っていません。別にシリコンが配合されていようが構わないと思っています。

その代わり、トリートメントを使用する際は頭皮に付かないように注意して下さい。もし付いてしまったのなら念入りにすすぎ洗いするのであれば問題ないと思っています。

逆にノンシリコンと謳っていて、髪の毛のコーティング剤が悪質なものもあります、これは良くないですね…。

ノンシリコンであるのなら、その代わりになり得る成分が配合されていなければ、髪の毛の保湿や外的刺激(熱や紫外線)から髪の毛を守ってくれるものがありません。

チャップアップトリートメントはノンシリコンですが、ココで注目しなければならない事は「シリコンの代わりになる成分は何を使用しているのか?」ってとこです。

シリコンの代わりになる成分が配合していないと、髪の毛がコーティングされずに水分が失われてパサパサした髪の毛になってしまいます。

ただノンシリコンってだけでは指通りが悪く、アミノ酸系特有のキシキシ感が残ります。これを解消する為の成分として、チャップアップトリートメントでは「セバコイルビスラウラミドリシン2Na」という成分を配合しています。

この成分がシリコンの代わりをし、指通りのよい仕上がりにしてくれます。

しかし、「セバコイルビスラウラミドリシン2Na」をネット検索しても、ほとんどヒットせず何から抽出された成分なのかは今のところ不明です。

只今、メーカーに確認中です。分かり次第ココに追記していきます。

また、この成分の安全性については、製造工場から安全を確認した上で配合しておりますので問題ございません。(体質などにより、合う合わないはあるかもしれません。)という回答を既に頂いておりますので、安心して使用できます。

毛髪に優しい弱酸性(PH3.8)

PH(ペーハー)値とは、中性・酸性・アルカリ性の3種類存在します。小学校の理科の授業で、習った記憶があると思います。

弱酸性シャンプーとpH値の関係が頭皮や髪の毛に何故良いのか?詳しく知りたい人はこちらの記事「弱酸性シャンプーが頭皮や髪の毛に良い理由。pH(ペーハー)値から考える理想のシャンプーとは!?」を参考にして下さい。

PH値の基本

PH値は0~14までの数値で表示されます。PH7(中性)を基準にしてPH値が9,12などと大きくなるにつれアルカリ性も強くなり、逆にPH値が5,3と小さくなるにつれ酸性が強くなります。これが基本です。

髪の毛に良いPH値

そして、私達の髪に良いとされているPH値は、PH4.5~5.5の弱酸性が最も良いとされています。

弱酸性が髪の毛に良い理由は、キューティクルが酸性に強く、アルカリ性に弱いという特徴をもっているからです。

髪の毛がアルカリ性に寄っていく程、キューティクルは開きます。

髪の毛が酸性に寄っていく程、キューティクルは閉じます。

キューティクルの動き

キューティクルは、このPH値によって開閉します。これを応用したものが、ヘアカラーやブリーチで、これらはアルカリ性なのでキューティクルを故意的に開かせます。キューティクルが開いている間に、髪の毛に色を付けていくことで、開いたキューティクルの間に色が入り込み、良く染まるという仕組みになっています。その代わりキューティクルが開くことにより髪の毛の水分量が保てず、ダメージも残りパサパサした髪の毛になってしまいます。

キューティクルが開いた状態だと、髪の毛のハリ・コシ・ボリュームが失われていきます。更に外的刺激(紫外線など)にも弱くなり、髪の毛の傷みが、どんどん加速していきます

キューティクルが閉じた状態だと、髪の毛に最適な水分量を維持できる為、潤いのある綺麗な髪の毛を保ちます。更に外的刺激にも強くなり、髪の毛の傷みを抑えてくれる。

そこでキューティクルを閉じた状態にする為、弱酸性のシャンプーやトリートメントを使い洗髪することで、アルカリ性になってしまった髪の毛を弱酸性へ近づけることができます。この結果キューティクルが閉じていき、髪の毛の潤いを保てるようになり、髪の毛の傷みも抑えてくれます。

この時、髪の毛のPH値を弱酸性に戻してあげると同時に、修復作用もしてあげることが理想的ですね。

チャップアップトリートメントのPH値は3.8の弱酸性です。しかし髪の毛に最も良いとされているPH値は4.5~5.5です。少し酸性が強く設定されています。

当然、これにも理由があります。私達がトリートメントを使用する時、髪の毛には少なからず水が付いています。洗髪する時の水は中性なのでPH7です。PH7の水で、PH5.5の弱酸性トリートメントを使用しても髪の毛に最も良いとされているPH4.5~5.5にはなりません。PH5.5~PH7の間になります。

理想的な髪の毛のPH値にする為には、PH4.5よりも少し下のPH値であるトリートメントでなければPH4.5~5.5にはなりません。

※髪の毛に付いている水の量により、PH値は変わっていきます。

で、先程の話に戻りますが、チャップアップトリートメントはPH値3.8の弱酸性です。このトリートメントを使用することによって理想的な髪の毛のPH値に近づけ、潤った綺麗な髪の毛を保ちます。これがハリ・コシ・ボリュームが作られる基盤になります。

オーガニックエキス10種配合

オーガニックエキス

チャップアップトリートメントには、10種類のオーガニックエキスが配合されています。

これはチャップアップシャンプーにも含まれている成分です。効果は同じなのでザックリ説明します。

「保湿・美白・収れん・抗炎症・消臭・抗酸化・消炎・抗菌・血圧の正常化・血行促進」などの効果があります。詳しくは「チャップアップシャンプーの成分と効果を解析。濃密アミノ酸系の決定版!」に1つ1つの成分と効果を書いてありますので、お読み下さい。

以上の効果に加え、オーガニック成分は安全性が高く、頭皮のトラブルを解消しやすい為、健康的な頭皮環境を作りやすいです。これらの理由により、頭皮環境が荒れている人にも人気があります。

ラメラ液晶を構成している原料が髪に浸透しハリ・コシのある髪に

ラメラ液晶(ラメラ液晶構造)とは、一般的にラメラ構造とも呼ばれています。水の層と脂質の層を交互に規則的に配列します。

これがラメラ構造と言われています。

ラメラ液晶構造

上図は髪の毛の断面図です。髪の毛の外部は表面がキューティクル(黒色)で覆われています。髪の毛の内部は水分と油分(脂質)が存在しています。この図のように、水分と油分が交互に規則正しく並んでいる構造が何層も重なっている状態がラメラ液晶です。

このラメラ液晶の効果としては、水分と油分がサンドイッチ状態の為、水分が蒸発しにくい特徴があります。潤いを長時間キープできるので、ハリ・コシのある髪の毛になります。潤いだけでなくラメラ液晶によって髪の毛の補修効果などの持続時間も長くなると言われてます。

逆にラメラ液晶が綺麗に並んでいない場合が下図になります。

髪の毛の水分が蒸発

この状態だと油分で水分を閉じ込めておくことが困難になり、この隙間から髪の毛の水分が蒸発しやすい状態になります。

この結果、潤いの少ないパサパサした髪の毛なりやすいと言われ、艶・ハリ・コシに影響が出ることでしょう。また、この時にキューティクルが開いた状態だと、水分の蒸発はもっと激しくなり、髪の毛の潤いも並行して悪い状態になってしまいます。

チャップアップトリートメントでは、このラメラ液晶を構成している原料も使用して作られています。この効果から髪の毛の潤いを長時間キープし、ハリ・コシのある髪の毛を再現させる技術を用いています。

髪のダメージ部をドライヤー熱で補修

ドライヤーの熱で補修

ドライヤーの熱によって髪の毛を乾かし過ぎると水分を奪ってしまう為、キューティクルも剥がれやすいと言われています。

そんなドライヤーの熱で髪の毛を補修できるのか疑わしかったのですが、実は熱でキューティクルを閉じさせる成分が…

あるんです。

その名もγ‐ドコサラクトン(エルカラクトン)と言われる成分です。この成分はキューティクルを熱反応で閉じさせる効果があります。

これはちょっと衝撃的ですね!そんな成分があるのかとビックリです。

もっと詳しく説明すると、γ‐ドコサラクトン(エルカラクトン)が髪の毛に馴染んでいる状態で、ドライヤーの熱を髪の毛に当てて乾かします。するとγ‐ドコサラクトンと髪の毛内の成分が結合して、キューティクルを閉じさせる効果があるのだそうです。

私は軽めのくせ毛なのですが。くせ毛の人ってキューティクルが開いていると、くせ毛の度合いが酷くなります。これによって当然髪の毛の水分量も減り、ツヤもなくなっていきます。

くせ毛の人は、必然的にパサパサした髪の毛になりやすい傾向にあります。これはキューティクルが開きやすく髪の毛内部の水分バランスが乱れることで、くせ毛がでやすくなります。

γ‐ドコサラクトは熱反応でキューティクルを閉じさせて髪の毛のダメージ部分を補修することが出来る為、くせ毛の人にとって特に優れた成分であると言えます。

ボタニカル処方により頭皮への刺激も配慮

ボタニカルとは、「植物の、植物学の」などの意味合いがあります。

ボタニカルシャンプーとか流行りましたね。

オーガニックシャンプーと混同しがちですが、オーガニックは農薬や肥料を使用せず、純粋に土壌の力で育ちオーガニック認定を受けた植物です。それを配合したのがオーガニックシャンプー。

一方、ボタニカルは植物由来の成分が配合されたもの。それがボタニカルシャンプー。

ちょっと違いますね。オーガニックの方がボタニカルよりも厳選された植物といった処でしょうか。

因みにチャップアップシャンプーとトリートメントはオーガニック成分が10種類も配合されています。

しかし、これらが言おうとしていることや目指している処は一緒です。要は「自然の恵みで低刺激だよ」ってことです。

チャップアップトリートメントは、ボタニカル処方なので、頭皮への刺激が少ないトリートメントということです。

ボタニカル処方やオーガニック成分が配合していれば、その全てが頭皮や髪の毛に優しいかと言われるとそうではありません。そのシャンプーやトリートメントの主成分や他の成分による処も多いからです。決めつけるのは良くありませんが、1つの参考としてはボタニカルの方が良いと思います。

プロパンジオールでベトつかず保湿、抗菌

プロパンジオールは、高い保湿力を持っていることで、多くの化粧水や乳液にも含まれています。プロパンジオールと一緒にグリセリンも配合していることで、単体よりも更に高い保湿力を発揮してくれます。

因みにチャップアップトリートメントには、両方配合されています。

プロパンジオールはトウモロコシなどの植物に含まれているデンプン内の糖を発酵させることにより、作られる為、天然由来成分(オーガニック成分)として安全に使用できます。

このプロパンジオールは、お肌にだけでなく髪の毛や頭皮にも、その高い保湿効果を発揮してくれます。シャンプーやトリートメントにこの成分が配合されている場合、髪の毛が柔らかく艶が出るとも言われています。

フルーティーローズの香りで加齢臭、頭皮の嫌な臭いを抑える

トリートメントを使用するとローズの香りがほのかにします。

決して、キツイ臭いではありません。ほのかに臭います。

実際、この香りで加齢臭や頭皮の嫌な臭いが抑えられるのかどうかは良く分かりません。

基本的に頭皮や髪の毛の臭いの元というのは、頭皮に溜まった脂質やチリ・ホコリが原因です。主に脂質が酸化する時に臭いが発生します。

なのでアミノ酸系のシャンプーでしっかり洗髪すれば頭皮自体が健やかで健康的な状態になるので、臭い自体も緩和されていきます。

チャップアップシャンプーもアミノ酸系で弱酸性のオーガニック成分で作られているので、これと並行してチャップアップトリートメントも使用していくとトリートメントの様々な効果が得られるでしょう。

サガラメエキスで髪バリア機能の正常化をする

チャップアップトリートメントには、サガラメエキスという成分が配合されています。

サガラメエキスには、細胞間脂質の主成分である「セラミド」と、天然保湿因子の元となる「フィラグリン」を同時に増やすWの保湿作用が知られています。

一般的にセラミドとは、スキンケアなどで聞いたことがある名前だと思いますが、お肌の保湿には欠かせない細胞間脂質の主成分です。

このセラミドはお肌だけではなく、髪の毛にも存在し、「肌バリア機能」と並んで「髪バリア機能」と呼ばれています。

この髪バリア機能を正常化することにより、髪の毛の保湿を保ち、髪の毛が乾燥してパサパサになることを防いでくれるとっても嬉しい成分です。先程、説明したラメラ液晶構造にも似ていますね。

このセラミドというのは加齢によりどんどん減少していきます。このサガラメエキスは、そんな加齢からくる髪の毛のパサパサを修復するのに良い成分と言われています。

またチャップアップトリートメントには、サガラメエキスで内部からセラミドを修復する他、外部からも修復できるように3種類のセラミドも配合されています。

これによって内側からと外側からのダブルで補修してくれます。

チャップアップトリートメントの正しい使い方

チャップアップトリートメントの正しい使い方として、「頭皮にはつけない」これが1番大事です。

これは別にチャップアップトリートメントだから言っている訳では無く、どのトリートメントを使用するにしても同じことが言えます。

チャップアップシャンプーとの併用がオススメ。

チャップアップシャンプー

チャップアップトリートメントはチャップアップシャンプーとの併用がオススメです。

別に私がオススメしている訳では無く、どのメーカーの商品でもそうなのですが、トリートメントというのは同じメーカーのシャンプーと併用する為に作られています。シャンプーの成分が一緒でも配合量が違うだけで、全く別のシャンプーになります。使い心地もまったく違います。

チャップアップシャンプーを開発し、このシャンプーで補いきれない部分をチャップアップトリートメントで、更に強化していく。こういった考えの元、開発されたトリートメントがチャップアップトリートメントです。

つまり、チャップアップシャンプーに合う1番良いトリートメントは「チャップアップトリートメント」だけということです。

正し、これはあくまでもオススメです。何のトリートメントを使用しようが、それはあなたの自由です。

「市販のトリートメントでも私は大丈夫」と思っている人はそれでも良いと思います。人によって合う合わないもありますので、この記事を見て悩んで下さい(笑)。

育毛剤チャップアップとの併用も効果的

育毛剤チャップアップの比較

先程の話と同じになりますが、チャップアップシャンプーやトリートメントよりも育毛剤チャップアップの方が先に販売されていますので、さっきとは逆になります。

つまり、育毛剤チャップアップに適したシャンプーがチャップアップシャンプーで、それに合ったトリートメントがチャップアップトリートメントです。

育毛剤があるからこそ開発されたのが、このシャンプーとトリートメントです。

全ては、薄毛・抜け毛に悩んでいる人に向けて開発されています。

全ては育毛剤の効果をより良く発揮できるように開発されたものです。

育毛剤チャップアップが気になる人は、こちらの記事「チャップアップが負けた…!?あの育毛剤と比較し効果の全貌に迫る。」を参考にして下さい。育毛剤チャップアップの基本的な効果が簡単に書いてあり、他の育毛剤との比較記事になっています。

チャップアップトリートメントの口コミ

チャップアップトリートメントの口コミ

チャップアップシャンプーと同様にトリートメントも実際に使用しました。口コミとして、ここに感想を書いておきます。参考にして下さい。

※チャップアップトリートメントの口コミは私と嫁の2人で使用した口コミです。あまり高いトリートメントは使用したこともない2人ですので、参考程度に読んで下さい。

チャップアップトリートメントを実際に使用した口コミをGoogleで検索しても殆どありません。誰も書いていないので、どうせなら私が書こうと思いました。ご覧ください。

チャップアップトリートメントが届きました。

チャップアップトリートメント正面

全体的に真っ白い入れ物に入っています。

大きさはチャップアップシャンプーより少し大きいぐらいです。

トリートメントの内容量

チャップアップトリートメントの内容量は200gです。

この200gで基本的には2ヶ月分使用できますが、髪の毛の長さにもよります。

チャップアップトリートメントの全成分

チャップアップトリートメントの全成分です。

冒頭でもかきましたが、これでもかというぐらいに沢山の成分が配合されています。成分数だけみればチャップアップシャンプーよりも多いですね。

チャップアップトリートメントの良い口コミ

チャップアップトリートメントの良い口コミ

チャップアップトリートメントの良い口コミが以下になります。

  • 香りが良い。
  • 髪の毛にボリューム感(ハリ・コシ)がでる。
  • 髪の毛にまとまり感がある。

以上が良い口コミです。

香りは、ほのかなローズの良い香りがします。髪の毛にボリューム感が出た気がしますが、CUシャンプーと同時に使用しているので、どちらの効果なのか今一分かりませんね。

しかし、シャンプーだけよりは髪の毛にまとまり感が出るのは確かです。

私は髪の毛が短いので良く分かりませんが、嫁が言うには指通りが良く、毛先が絡まないと口コミしています。

CUシャンプー自体キシキシ感は少ないと思いますが、確かにトリートメント後の方がキシキシ感は少ないです。髪の毛が長ければ長い程、このチャップアップトリートメントの効果が実感できるのではないでしょうか。

チャップアップトリートメントの悪い口コミ

チャップアップトリートメントの悪い口コミ

次に、チャップアップトリートメントの悪い口コミが以下になります。

  • 伸びが悪い。
  • 髪の毛に付いているかどうか分かりづらい。

以上が悪い口コミです。

市販のトリートメントの様に髪の毛に付けると伸びますが、チャップアップトリートメントは、この伸びが少し悪く感じました。そのせいなのか付いているのか付いていないのか良く分からない感じになります。

こんなもんなのかな!?うまく説明できません…。

全体的な口コミとしては、以上になります。

公式サイト⇒「チャップアップトリートメント

まとめ

チャップアップトリートメントの効果・効果を解析してきましたが、どうだったでしょうか。

チャップアップトリートメント専用の記事が無かったので、女性の人の利便性を向上させようと書いてみました。初めは読みやすく短くまとめようと思ったのですが、書くことが多すぎて記事自体も長く、書きながら焦っていました(笑)。

上でも説明してきましたが、それだけチャップアップトリートメントの効果には色々あり、髪の毛の「質」にこだわりを持っている女性は使用してみると良いかもしれません。

スポンサーリンク
チャップアップシャンプー


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。