最新のスカルプDシャンプーの成分と効果を解析。育毛効果はあるのか…!?

スカルプDシャンプーのオイリー

スカルプDシャンプーは育毛シャンプーの中でもNO.1と言って良いぐらいの有名なシャンプーです。育毛シャンプーの火付け役となった代表的なシャンプーが「スカルプDシャンプー」です。

お笑い芸人である雨上がり決死隊の宮迫さんがCMされているイメージが強いです。薄毛・抜け毛に悩んでいるあなたも一度は購入を考えたことがあるのではないでしょうか?

そんなスカルプDシャンプーですが、Googleで「スカルプDシャンプー」と検索しても1ページ目には公式サイトのアンファーストア・Amazon・楽天市場・@コスメなどが牛耳っています。

個人が運営しているサイトを見ても昔のスカルプDシャンプーの口コミや評価をしているサイトが多いですね。最新のスカルプDシャンプーの成分や効果を解析したサイトがなかなか見当たりません。「ぶっちゃけ最新のスカルプDシャンプーってどうよ?」ってことで、この記事を書いていこうと思います。ご購入の参考にして下さい。

そんなスカルプDシャンプーは育毛効果があるシャンプーなのか!?ここでは最新モデル(現在2016年モデルの12代目)のスカルプDシャンプーの成分と効果を解析していきます。

※このページは随時更新していきます。

スポンサーリンク

スカルプDシャンプーの基本スペック

スカルプDシャンプー

メーカー アンファー株式会社
単品価格/定期価格 3,900円/3,315円
内容量/使用期間 350ml/約2ヵ月
界面活性剤 アミノ酸系
シリコン ノンシリコン
商品特化 3種類の頭皮ケア
自己評価 7~8点/10点

自己評価は7~8点です。スカルプDシャンプーの注目すべき箇所は、個人の頭皮環境に合わせてシャンプーを使い分け出来る点です。他の育毛シャンプーは基本的に1種類のみで個人の頭皮環境に合わせた使い分けはできませんし、脂性肌の人も乾燥肌の人も関係なく選択肢は1択のみでした。そんな中アミノ酸系の育毛シャンプーが3種類も選べるのはスカルプDシャンプーだけです。

なのでより自分に合ったシャンプーを使うことができます。

そんなスカルプDシャンプーは知っている人も多いかもしれませんが、毎年リニューアルされているんです。現在12代目が最新のスカルプDシャンプーです。

他の育毛シャンプーも何年かに1度リニューアルされたりしますが、毎年リニューアルされてパワーアップしていく育毛シャンプーは私が知る限りスカルプDシャンプーだけですね。

毎年変化のあるスカルプDシャンプーの今後にも期待です。

公式サイト⇒「スカルプDシャンプー

スカルプDシャンプーオイリー【全成分】

◎ピロクトンオラミン◎グリチルリチン酸2K◎サリチル酸●豆乳発酵液●脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸Na液●ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド●ヤシ油脂肪酸加分解ケラチンK液●ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液●ラウリン酸アミドプロピルベタイン液●ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液●モノラウリン酸ポリグリセリル●N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩●グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体●ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド●ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa●ラウロイルメチル-β-アラニンNa液●ヒドロキシエタンジホスホン酸液●シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール●ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液●ニンジンエキス●バンジロウ葉エキス●ホウセンカエキス●イリス根エキス●チンピエキス●1,2-ペンタンジオール●ローヤルゼリー発酵液●ユニトリエノール T-27●N-オクタノイルグリシン●フィトスフィンゴシン●党参抽出物加水分解液●シモツケソウエキス●セイヨウニワトコエキス●水添大豆リン脂質●クリサンテルムインディクム抽出液●酵母エキス-3●コレステロール●ソルビトール液●ヒアルロン酸Na-2●水溶性コラーゲン液●ビタミンE●ユーカリ油●ハッカ油●オレンジ油●スペアミント油●BG●グリセリンエチルヘキシルエーテル●濃グリセリン●塩化Na●エタノール●無水エタノール●年度調整剤●pH調整剤

◎=有効成分、●=その他の成分

スカルプDシャンプーに育毛効果はあるのか…!?

スカルプDシャンプーで育毛

初めに言っておきますが、育毛シャンプーで発毛はしません。では髪の毛を育てること、つまり「育毛」できるのか?と聞かれれば微妙な感じです。育毛に有効な成分が入っていれば育毛できると言えますが、正直シャンプーでそこまでの効果は望めませんし、現に私もそう感じます。正確に言うと育毛する為の頭皮環境をシャンプーで作っていくことになります。育毛の基礎というか初歩的な感じ。

なので「スカルプDシャンプーで育毛できるか!?」に対しての回答は育毛に適した頭皮環境を作ることができるシャンプーがスカルプDシャンプーです。理由はアミノ酸系の洗浄成分でノンシリコンのシャンプーだからです。

で、これらのシャンプーは俗に育毛シャンプーと言われていますが、育毛シャンプーと言っても山ほどあります。

ではどの育毛シャンプーが良いか?実際には使用しちゃうのが手っ取り早いのですが、1つ1つ全てのシャンプーを買って使用することは金銭的にも時間的にも体力的にも不可能です。

ならば何で判断していくか?何で育毛に効果的なシャンプーと言えるのか?

それは商品の開発背景にあります。もちろんシャンプーの命は洗浄成分ですが、それは後で語っていくとして、ここではまずスカルプDシャンプーの開発背景を知ることで期待の持てるシャンプーかどうか判断していこうと思います。

やはり良いシャンプーほど髪の毛のプロ達(医師・美容師・毛髪診断士 etc.)が認めていたり、開発に関わっていたりします。

どんな人達がどんな思いでその商品を作り上げたか、そのシャンプーがどんな形で進化して今の実績を築き上げてきたのかを知ることで、本当のシャンプーかどうかを見極める判断材料になります。

アンファーと言えばスカルプDシャンプー

アンファーのスカルプDシャンプー

スカルプDシャンプーは、アンファー株式会社が開発しているシャンプーです。

アンファー株式会社は1987年に設立されて、初めは毛髪クリニック用のシャンプーを医師と相談しながら開発しました。そのシャンプーがスカルプDシャンプーの原点です。

なのでスカルプDシャンプーは髪の毛のプロが昔から何十年も関わっています。

アンファー株式会社が運営しているのがアンファー研究所です。予防医学のアンファーとしても有名ですね。

アンファー研究所は大学病院や医療機関に所属する皮膚科・形成外科・精神神経科・泌尿器科などの医師とともに様々な分野の抗加齢医学を共同研究し、予防医学の実践を日常の生活の中に取り入れることができる製品やサービスの開発に全精力をあげて取り組んでいます。

と公式サイトに書かれている通り、アンファー研究所では様々な医師たちによって多種多様な商品が開発されています。その1つがスカルプDシャンプーです。

で、そんなスカルプDシャンプーは今もなお、毎年リニューアルされ進化し続けています。

スカルプDシャンプーの種類

スカルプDシャンプーの種類

スカルプDシャンプーは全部で3種類。その他にコンディショナーが1種類あります。

スカルプDシャンプーの3種類は【超脂性肌用】、【脂性肌用】、【乾燥肌用】に分かれており、あなたの頭皮にあったシャンプーを選んで使用することが出来ます。またそうすることで理想の頭皮環境を手にして、より効率的な育毛をしていくことが可能になります。

 商品名称 容器色 用途 特徴
ストロングオイリー 超脂性用シャンプー ストロングウォッシュ
オイリー 脂性用シャンプー アミノウォッシュ+
ドライ 乾燥肌用シャンプー モイストウォッシュ
パックコンディショナー 全ての肌用コンディショナー 頭皮パック

スカルプDのシャンプーには上記の3種類とコンディショナーが1種類があります。

私達の頭皮環境は季節の変化によっても変わっていきます。例えば私の場合、夏は脂性肌で冬は乾燥肌になります。これは昔からという訳ではなく、年齢を重ねるうちにこの様な頭皮環境の変化が見られるようになりました。

若い時は油っぽい頭皮だった人でも年齢を重ねていくうちに乾燥した頭皮になる場合があります。そうすると頭皮ケアの仕方もだんだん変わっていきます。

スカルプDシャンプーでは、この頭皮環境の変化に対応しています。なので季節によって又は年齢によって使い分けることができる為、これは凄く便利ですね。

公式サイト⇒「スカルプDシャンプー

スカルプDシャンプーのそれぞれの違いを解析

スカルプDシャンプーの成分と効果

ここでは各スカルプDシャンプー「ストロングオイリー」、「オイリー」、「ドライ」の違いについてを解析していきます。

それぞれ特徴的なシャンプーになっているので、購入前に違いを把握しておきましょう。

  • ストロングオイリー【超脂性肌用】
    ストロングオイリーの効果は何といってもスカルプD史上最高の洗浄力を誇っている。皮脂過多の人用に特化して開発されたシャンプーなので、皮脂抑制効果にも十分期待できる。上の表を見てもらっても分かるが、星の数が半端なく多いのがストロングオイリー。
  • オイリー【脂性肌用】
    オイリーの効果はこの3種類の中で平均的な役割をしている。多くの男性はこのオイリー用で問題ないと思われる。オイリーと併用して他タイプのシャンプーを季節ごとにうまく変えながら使用していくのがベスト。アミノウォッシュ+というアンファー独自に開発された成分はこのオイリーシャンプーにしか配合されていないので、どの種類を使用するか迷っているならオイリーから始めるのが無難と言える。
  • ドライ【乾燥肌用】
    ドライの効果は何といっても頭皮に潤いを与えながら洗浄していくこと。洗浄力もマイルドな仕上がりになっているが、皮脂は適度に洗い流してくれる。乾燥肌の人や敏感肌の人用に開発されたシャンプーだ。天然由来のオリーブを配合した独自のモイストウォッシュの効果はドライシャンプーだけしか配合されていない成分。冬場などの乾燥時期で頭皮から粉が吹いてしまう人などはドライから使い始めるといいだろう。

スカルプDシャンプーは以上の3種類から構成されている。

基本的にそれぞれのシャンプーの違いは、頭皮の皮脂量や状態によって変えていくべきです。

  • 皮脂量がもの凄く多い人はストロングオイリー(超脂性肌)
  • 皮脂量が多い人はオイリー(脂性肌)
  • 皮脂量が少ない人はドライ(乾燥肌)

を使用するのがベスト。

また夏はストロングオイリー、春秋はオイリー、冬はドライなどと季節によって使い分けることで、それぞれのスカルプDシャンプーの違いを活かせるはずです。

スカルプDシャンプーの成分を解析

スカルプDシャンプーの成分の中でも特に洗浄成分はシャンプーの命です。先程はザックリとした解析でしたがもっと詳しく知りたい人はこちらの見出しも読んでみて下さい。ここでは成分と効果を種類ごとにより詳しく解析していきます。

  • ストロングウォッシュの成分と効果
  • アミノウォッシュ+の成分と効果
  • モイストウォッシュの成分と効果

スカルプDシャンプーの成分や効果の特徴として以上のようなものが上げられます。

※実際に使用したスカルプDシャンプーの口コミもリンクを貼っておきます。

では、早速1つ1つ見て行きましょう。

ストロングウォッシュの成分と効果

ストロングウォッシュの成分と効果

スカルプDシャンプーのストロングオイリー【超脂性肌用】に起用されているのが、このストロングウォッシュです。

【ストロングウォッシュの成分】
●ラウロイルメチル-β- アラニンNa液●ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa●アルキル(8~16)グルコシド●ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

スカルプD史上最高の洗浄力を実現し、過剰に分泌された皮脂や汚れをしっかり洗い流します。この過剰な皮脂量を整えることで、正常な頭皮環境を手に入れることができるというのがストロングウォッシュの効果です。

ストロングウォッシュの成分である「ラウロイルメチル-β- アラニンNa液」はアミノ酸系シャンプーでは有名処です。高い洗浄力で皮脂をしっかりとる反面、頭皮には低刺激という優れた成分であるため最大のデメリットは値段が高くなることですね。

日中には頭皮や髪の毛までベタベタしてしまう人もいると思います。一回ベタベタしてしまうと髪の毛を洗うまで解消できません。周りの目もすごく気になると思います。そんな超脂性肌の人向けに開発されたシャンプーがストロングオイリーシャンプーです。

スカルプDシャンプーストロングオイリー【超脂性肌用】を実際に使用した男性と女性の口コミはこちら「スカルプDシャンプーストロングオイリー【超脂性肌用】男性と女性の口コミ」です。向き不向きが激しいシャンプーです。

アミノウォッシュ+の成分と効果

アミノウォッシュ+の成分と効果

スカルプDシャンプーのオイリー【脂性肌用】に起用されているのが、このアミノウォッシュ+です。

【アミノウォッシュ+の成分】
●脂肪酸(12,14)アシルアスパラギン酸 Na 液

アミノウォッシュ+とはアンファーが独自開発したアミノ酸系の界面活性剤のことです。

従来のアミノ酸系のメリットとしては、頭皮に優しくほど良い洗浄力で頭皮に負荷が掛かかりにくいことが上げられます。その一方でデメリットとしては、泡の細かさや泡立ちが悪い、髪の毛がキシキシする、皮脂が落ちていない気がする…などと人によっては洗浄力が弱すぎる場合や使用感に不満がある人もすくなくありません。

そんなデメリットを解消すべく開発された洗浄成分が「アミノウォッシュ+」です。

主に「泡立ち」、「泡の細かさ」、「洗浄力」、「保湿力」、「毛髪のボリューム」、「皮脂溶解性」、「細胞毒性」、「使用感」などこれらに着目して開発された洗浄成分です。

スカルプDシャンプーの成分

写真は公式サイトに載っているものです。赤枠がアミノウォッシュ+です。それ以外は従来から使用されているアミノ酸系界面活性剤(A,C,E,F,G,H)と主に市販シャンプーに配合されている石油系界面活性剤(B,D)を泡立てて並べた写真です。

こうやって比較した写真で見ると分かりやすいですが、アミノウォッシュ+は泡自体が細かくて立体的にモコモコした詰まった感じになっています。結構見た目に差がありますね。

スカルプDシャンプーのオイリーはこの泡が特徴的です。

この洗浄成分にはまだこだわりがあって、皮脂溶解試験・バリア機能保持試験もやっています。

アミノウォッシュ+の試験

上記の写真が皮脂溶解試験とバリア機能保持試験の結果写真です。(アンファー公式サイトより)赤枠がアミノウォッシュ+です。

皮脂溶解試験(上写真)では濃い紫色した部分が皮脂になります。これを見ると他の洗浄成分よりも皮脂を溶かしていることが分かるかと思います。頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分なのに弱点である弱い洗浄力に対してこの威力を誇っています。

しかしですね。このままではダメなんですよ。

皮脂っていうのは取り過ぎると頭皮が乾燥してその乾燥を補おうとして更に皮脂を分泌させるんです。しかも乾燥したままの頭皮は外的刺激に酷く弱い状態になってしまいます。

そこでバリア機能保持試験(下写真)の出番です。これを見る限り石油系の界面活性剤は勿論のことアミノ酸系の界面活性剤よりもバリア機能を保持するという結果になっています。つまり頭皮の潤いを閉じ込め乾燥を防ぐということです。

このような試験結果から、余分な皮脂だけを適度に取り除き頭皮の乾燥を防ぎ潤いを閉じ込める働きがあるの男性に万能な成分がアミノウォッシュ+の効果です。

スカルプDシャンプーオイリー【脂性肌用】を実際に使用した男性と女性の口コミはこちら「スカルプDシャンプーオイリー【脂性肌用】男性と女性の口コミ」です。乾燥肌の2人が使用したちょっと変わった口コミです。

モイストウォッシュの成分と効果

モイストウォッシュの成分と効果

スカルプDシャンプーのドライ【乾燥肌用】に起用されているのが、このモイストウォッシュです。

【モイストウォッシュの成分】
●オリーブ油脂肪酸セトステアリル・オリーブ油脂肪酸ソルビット混合物

モイストウォッシュは従来から配合されていた成分「アロエベラエキス」、「水溶性ツボクサエキス」の2つに加えてイタリア産のオリーブ由来成分を配合しています。

やたら長い名前の「オリーブ油脂肪酸セトステアリル・オリーブ油脂肪酸ソルビット混合物」という成分ですが名前からも分かるようにオリーブ由来の成分です。

このオリーブ油脂肪酸……の成分を配合することで、乾燥した頭皮に潤いを与えながら洗浄することができると言われています。これがモイストウォッシュの効果です。

しかもこのスカルプDシャンプードライ【乾燥肌用】の洗浄成分には「アルキル(8~16)グルコシド」という洗浄成分が配合されています。

この成分の効果としては、低刺激な洗浄成分で頭皮にとても優しくマイルドな仕上がりにも関わらず、泡立ちも良くしっかりとした洗浄力に期待できる成分です。それだけではなく潤い成分も程よく残してくれる。正に乾燥肌の人に最適な成分です。

その為、乾燥肌の人、敏感肌の人、乳幼児向けのシャンプーとして配合されている成分です。

※実はストロングオイリー【超脂性肌用】にも「アルキル(8~16)グルコシド」は配合されている。

スカルプDシャンプードライ【乾燥肌用】を実際に使用した男性と女性の口コミはこちら「スカルプDシャンプードライ【乾燥肌用】男性と女性の口コミ。」です。意外な仕上がりのシャンプーになっているので、この口コミは必見ですよ!

スカルプDシャンプー共通の成分と効果

ここからはスカルプDシャンプーの共通した成分と効果を解析していきます。

スカルプDシャンプーの全てに以下の成分が配合されており、様々な効果に期待できます。

  • 豆乳発酵液の成分と効果
  • ラメラエクスパンダーの成分と効果
  • インナーボリュームの成分と効果

以上の3つです。それでは1つ1つ見て行きましょう。

豆乳発酵液の成分と効果

豆乳発酵液の成分と効果

スカルプDシャンプーには水の代わりにこの豆乳発酵液という成分が配合されています。

シャンプー剤というのは大部分が水でできているのですが、スカルプDシャンプーではこの水の代わりに豆乳発酵液を使用しているので、殆どの成分がこの豆乳発酵液で作られていることになります。

この豆乳発酵液は乳酸、ポリフェノール、イソフラボンなどが多く含まれているのですが、アンファーではこのイソフラボンの含有量を高めたオリジナルの豆乳発酵液を開発し配合しています。その効果としては、エストロゲンの活性化です。

エストロゲンはホルモンの一種で「美容」にとても関連性があり、別名「美人ホルモン」とも言われます。エストロゲンが肌に良いことは当然なのですが、その他にも髪の毛の艶、ハリ、成長を促進させる効果があります。

そんなエストロゲンはイソフラボンで活性化することが分かっているので、最近の男性用育毛剤や育毛サプリメントにもイソフラボン成分が含まれる商品が多いです。乳液などの化粧品などにも含まれています。

豆乳発酵液の成分と効果は、まだあって以下の成分で男性ホルモンに対してアプローチしていきます。

【男性ホルモンのアプローチ成分】
●豆乳発酵液●ホウセンカエキス●バンジロウ葉エキス

これらの成分の効果としては、男性ホルモン(TH)が強力な男性ホルモン(DHT)に変換されるのを抑制する効果に期待できます。

男性ホルモンと薄毛の原因についてはこちらの記事「DHT(ジヒドロテストステロン)が薄毛の原因NO.1!」を参考にして下さい。DHT(悪玉男性ホルモン)がどうやってできるのか?どう効率的に食い止めていくのか?を書いています。

ラメラエクスパンダーの成分と効果

ラメラエクスパンダーの成分と効果

ラメラエクスパンダーの効果は角質細胞の隙間を拡張させる働きがあります。

【ラメラエクスパンダーの成分】
●ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液●シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

上記の成分を称してラメラエクスパンダーと言います。頭皮の細胞間を広くしてあげることで、有効成分や頭皮に良い成分の浸透力を上げ、より効果的に育毛できる環境を作ることができます。

なので育毛剤との相性は良いですね。

インナーボリュームの成分と効果

インナーボリューム成分と効果

ハリ・コシ成分とインナーボリューム成分とで髪の毛のボリューム不足に対してアプローチしてくれます。

【ハリ、コシ、インナーボリュームの成分】
●グリセリル -N-(2-メタクリロイルオキシエチル ) カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体●ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

これらの成分の効果としては、外側からの髪の毛の補修効果と内側からのダメージ部分への補修があり、外側と内側のダブルで髪の毛のボリュームアップをしてくれます。

スカルプDシャンプーの良い所

スカルプDシャンプーの良い所

スカルプDシャンプーの良い所を私なりにまとめましたので参考にして下さい。

  • 季節ごとに使い分けができる
  • 実績が凄い
  • 泡立ちが良い
  • ボトルがかっこいい!

季節ごとに使い分けができる

季節

さっきも言いましたが、私の頭皮は夏は脂性肌で冬は乾燥肌になります。

なので他のアミノ酸系シャンプーは1種類しかないので1年中同じシャンプーを使っています。

しかし冬場で特に乾燥が酷い日には、頭皮が荒れてカサカサに乾燥してしまうことがあるんです。フケっぽいものがぽろぽろ落ちます。

しかしスカルプDシャンプーの様に、脂性肌用のシャンプーと乾燥肌用のシャンプーとで分かれていればその日その日で使い分けができます。

2種類のスカルプDシャンプーを揃えておくと便利ですね。

実績が凄い

スカルプDシャンプーは医師が監修して作られたシャンプーです。それだけでも信用性は高くなりますが、医師がどうのこうのいう前にめっちゃ売れています(笑)。

めちゃめちゃ売れているシャンプーだからこそ、莫大な人数のデータが取れるんですね。

その数なんと135万人の臨床データを元にしているので実績から言うと他のシャンプーに負けません。確証はないですが、恐らく日本一なんじゃないでしょうか。

この135万人の実績を元に24人の医師と共同研究して作られたシャンプーがスカルプDシャンプーです。

泡立ちが良い

スカルプDシャンプーの泡立ち

泡立ちは良くしっかりしています。

アミノ酸系シャンプー特有の泡立ちの悪さ、ここを嫌がる人が最も多いのではないでしょうか。

先程も言いましたが、スカルプDシャンプーの洗浄成分は何度も試験して他のシャンプーとも比較・検討しています。なので泡立ちで心配することはありません。

YouTube動画などでもスカルプDシャンプーの泡で遊んでいる動画が一杯ありますが、あれは泡立ちが良いスカルプDシャンプーだからやっているんです。

ボトルがかっこいい!

スカルプDシャンプーのボトルかっこいい

個人的にスカルプDシャンプーのボトルは角ばっていてかっこいいです。

歴代のスカルプDシャンプーよりも12代目の(写真の)シャンプーが1番良い感じ。育毛とか効果とか全然関係ありませんけど、使う時の気分も大切ですね。

またシャンプーした時の臭いや使用感など細かいことは、また別記事でスカルプDシャンプーの口コミとして書いていこうと思います。書き次第この記事にリンクは貼っておきますね。

スカルプDシャンプーの悪い所

スカルプDシャンプーの悪い所

では逆にスカルプDシャンプーの悪い所も見て行きましょう。

良い所と悪い所をしっかり把握したうえで判断しましょう。

  • 値段が高い
  • 種類が多くて迷う
  • コンディショナーが欲しいかも!?

値段が高い

値段が高い

スカルプDシャンプーは1本3,900円(税込)します。

お世辞にもシャンプー1本3,900円は安くありません。当サイトではもっと値段の高いシャンプーもありますが、せめて3,500円以下にはしてもらいたいですね。

気軽には買えないかなという印象はあります。とはいうもののスカルプDシャンプーは1本で約2ヶ月分使用できます。なので1日当たりのシャンプー代は以下になります。

3900円÷60日間=1日あたり65円になります。

1日65円と考えるとそこまで高い買い物ではないですね。このお値段で頭皮環境を整えることができるのなら高くはありません。

当サイトで何回も言っているのですが、1日生活するだけで私達の頭皮や髪の毛には育毛に邪魔なもの(ちり、ほこり、皮脂、垢、雑菌、整髪料)が付着します。で、これらを取り除いて程良い頭皮環境へ戻してあげるにはシャンプーするしかないんです。シャンプーをしなければ、いくら高級な育毛剤を使用しても本当の効果は発揮しません。

種類が多くて迷う

スカルプDシャンプーには、3種類のシャンプーがあります。

単純に種類が多くて利便性は上がるのですが、正直どれを買ったらいいのか迷いますよね!?私も今回この記事を書くために迷いました。どれ買おうかなと…。

迷った結果、全て購入しました(笑)。

実際に使用したスカルプDシャンプーの口コミはまた別記事にして書いていますので、皆さんは全て買う必要はありません。

種類が多くて迷うだろうと思って各シャンプーの特徴や成分・効果などをここまで書いてきましたので、是非この記事や口コミを参考にして頂きたいと思います。

コンディショナーも欲しいかも!?

スカルプDシャンプーのコンディショナー

スカルプDシャンプーは男性用です。

そんな男性用のスカルプDシャンプーには真っ白な容器に入った男性用のコンディショナーがあります。

さっき3種類のシャンプーで迷った人も1つの種類に決めたかもしれませんが、コンディショナーがあることでまた迷ってしまいますね。コンディショナーも必要なのかと…。

このコンディショナーは男性用に作られているので、メーカー的にはスカルプDシャンプーを使用する際はこのコンディショナーも一緒に使用することを推奨している筈です。

ですが、短髪の人や今までコンディショナー使ってないよっていう人は無理に使わなくても大丈夫だと思います。

コンディショナーだってシャンプーと同じ値段がするので、初めはシャンプーだけで試してみてゴワゴワするようなら追加で購入しても良いのかもしれませんね。

スカルプDシャンプーはどこで買うか?楽天?Amazon?

先程スカルプDシャンプーが3,900円と高いって話しましたが、もっと安く購入する方法もあります。買うからには安いに越したことはないですからね。

スカルプDシャンプーはどこで買うのが1番安いのか!?

結論から言うと、公式サイトからが最も安く買えます。

楽天やAmazonでスカルプDシャンプーを検索した人も多いかと思います。楽天やAmazonでも購入できますが、値段は一緒なんです。

しかし公式サイトには、単品購入の他に定期コースがあります。

定期コースだと通常の15%OFFの3,315円(税込)で購入できます。もちろん送料は無料です。配送間隔も自由に変更可能です。

値段にして585円も安くなるので定期コース1択だろって思いますが、定期コースの場合には解約する時に注意が必要です。以下は公式サイトからの引用。

※定期購入サービスのご解約には、3回以上の購入が必要となります。 ※定期購入のご解約は、お電話で承っております。お客様相談窓口へご連絡下さい。◆お客様相談窓口TEL:0120-059-595 9:00~21:00(年中無休)

つまり定期コースで15%OFFの3,315円で購入するには、3回の縛りがあることです。意外と見落としがちなのでココだけは注意して定期で購入するか、単品で購入するか決めた方が良いです。

詳しくは公式サイトにもいろいろ載っているのでチェックしてみて下さい。

公式サイト⇒「スカルプDシャンプー

私がオススメするスカルプDシャンプーはコレ!

スカルプDシャンプーのドライ

私がおすすめするスカルプDシャンプーはドライの【乾燥肌用】のシャンプーです。

実はオイリー【脂性肌用】と迷っていましたが、その決め手となったのはモイストウォッシュです。

私の場合は乾燥肌よりなので、頭皮の保湿と髪の毛の保湿に優れているドライのシャンプーを選びます。しかしこれから夏にかけて皮脂量は多くなってきますので、その際はオイリー【脂性肌用】を使用するなどの使い分けがベストなのかなと思います。

初めはオイリーが良いかなって思ったのですが、実際に使用してみてスカルプDシャンプードライ【乾燥肌用】が思いのほか良かったのでドライは男女共におすすめのシャンプーです。

オイリーの洗浄成分であるアミノウォッシュ+は、独自開発しただけあって詳しい試験データやサンプルが残っており実証されているので信用できます。別に他のシャンプーを信用してないわけではありませんからね(笑)。

特に男性の場合、脂性肌の人の方が多い傾向にあります。

それも加味した上で、ドライ【乾燥肌用】のシャンプーをベースにしてオイリー【脂性肌用】やストロングオイリーなどを併用していくのが最適かなと思います。

人それぞれ頭皮環境が違うので、自分に合ったシャンプー選びが大切です。

まとめ

今回はスカルプDシャンプーの12代目の成分と効果を解析してきました。

スカルプDシャンプーは育毛シャンプーの先駆けとなったシャンプーでもあり今も数多くのファンがおり、かなり売れ続けている育毛シャンプーです。

スカルプDシャンプーで育毛に効果的な頭皮環境を作ることで薄毛・抜け毛の対策にも繋がります。育毛していく上では初歩的なものがシャンプーになりますが、初歩的なこと基礎だからこそ大切なことです。

ハゲが進行してしまう前に始めましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。