薄毛の原因は睡眠

睡眠不足や不規則な睡眠は薄毛の原因の一つとされます。

ではなぜ睡眠不足が薄毛と関係あるのでしょうか?

髪の毛の成分は主にタンパク質から出来ています。

そしてこのタンパク質の合成を高めてくれるのが、「成長ホルモン」です。

この成長ホルモンは「副交感神経」の働きにより、分泌されます。

副交感神経とはリラックスした状態の時、優位に立つ自律神経の一つです。

なので副交感神経の働きを良くしましょう。って事で、ここで睡眠が関係してきます。

この副交感神経は、夜の22時~深夜2時の4時間が最も活発になります(ハッピータイム)。

ですが仕事が終わり家に帰れば、食事、風呂、家族、自分の時間、と中々22時に就寝とはいかないものですよね…私は夜型です(苦笑)。

なので1時間でも2時間でも多く、このハッピータイムで寝ることを心掛けましょう。

また毎日同じ時間帯で寝ていると、人間の身体はそれを記憶します。

副交感神経も同じく記憶する為、記憶された時間帯はより活性化し、成長ホルモンも分泌されます。

不規則な睡眠をとるより、毎日同じ時間に寝る事も大事ですね!

因みに、睡眠前の食事は控えましょう。睡眠中でも胃や腸の消化が行われる為、質の悪い睡眠になってしまいます。

スポンサード リンク


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。