育毛剤で抜け毛が増えた!?アルコールフリー育毛剤で髪の毛を守れ

アルコールフリー

育毛剤とは本来、髪の毛を健やかに育てる働きがあります。なので育毛剤は薄毛や抜け毛に悩む多くの男性と女性が使用しています。

しかし、そんな育毛剤で抜け毛が増えた!?と聞いたら、あなたはどうしますか?

今回は育毛剤を使用して抜け毛が増え、薄毛(ハゲ)になる可能性があるという話をしていきます。

現在販売されている育毛剤の殆どにアルコール成分が配合されています。実はそのアルコール成分で薄毛や抜け毛の原因になる可能性があります。逆にアルコールフリーの育毛剤は滅多にありません。

また記事の最後にアルコールフリーやノンアルコールと言われる育毛剤とはどんなものなのか載せておくので参考にして下さい。

では、具体的に育毛剤に含まれているアルコールで私達の髪の毛がどうなるのかを見て行きましょう。

育毛剤のアルコールで抜け毛が増える原因

育毛剤で抜け毛が増える理由にアルコール成分があげられます。アルコールは頭皮に悪い影響を与え、抜け毛が増えて薄毛になってしまう原因になります。

育毛剤ブブカの公式サイトにも、このように書かれています。

アルコールには頭皮のバリア機能を破壊して、髪の毛を作ってくれる毛乳頭細胞にダメージを与えるとされています。

毛乳頭にダメージ

そうなるとダメージを受けた毛乳頭細胞は元気な髪の毛を生成しにくくなり、この結果から髪の毛が細くなり抜け毛が増えて薄毛(ハゲ)になっていきます。

またアルコールは揮発性が非常に高くすぐに蒸発します。その際、水分を取っていってしまうので頭皮が乾燥してしまいます。これにより頭皮環境が悪化することで、抜け毛が増えることが予測されます。

これがアルコール入り育毛剤で抜け毛が増える原因の1つだと言われています。

私達は育毛剤を使用していく上で、もっとアルコールのことを知っておくべきなのです。

アルコール成分配合の育毛剤は悪なのか!?

アルコールは悪

育毛剤にアルコール成分が入っていることで、何が良く、何が悪いのかを明確にしていきましょう。

育毛剤にもアルコールを入れる理由があるので配合されています。闇雲に入っている訳ではありません。

育毛剤にアルコールを使用する目的を知ることで、その必要性の良し悪しを判断してくことが理にかなっています。

また、育毛剤の成分表内に以下の名前があればそれは、アルコール類が入っていることになります。

●エタノール(エチルアルコール)●セタノール(セチルアルコール)●ベへニルアルコール●ステアリルアルコール●無水エタノール●DPG(ジプロピレングリコール)●イソステアリルアルコール

などなど、これらはアルコールの仲間に分類されます。これらが無ければアルコールフリーの育毛剤です。

育毛剤で言う「アルコール」とは主に「エタノール」や「無水エタノール」のことを指します。

「アルコールフリーの育毛剤なのにアルコール入ってるじゃん」と間違えやすい成分が以下になります。

  • フェノキシエタノール(PE)
  • D-パントテニルアルコール

「フェノキシエタノール」はアルコールの一種ではあるものの全くの別物で、主に防腐剤の用途としてパラベンの代わりに使われています。「D-パントテニルアルコール」はビタミンB群の一種でアルコールではありません。

※一般的に育毛剤に良く配合されている成分でアルコールフリーやノンアルコールなどと言われる商品にも「フェノキシエタノール」や「D-パントテニルアルコール」は配合されています。

アルコール成分のメリット

アルコール成分のメリットとは何でしょうか?

まず育毛剤にアルコールが配合されている理由が以下になります。

  • 殺菌・防腐効果
    品質が長持ちする。
  • 成分の可溶化
    成分同士を混ざりやすくする。
  • 皮脂の分解
    アルコールには皮脂を分解してくれる効果があり、皮脂分泌の多い人には効果的。
  • 浸透力の促進
    頭皮の皮脂を分解しやすい為、育毛成分が頭皮の奥まで浸透しやすい。
  • 清涼感
    アルコール特有で使用後のスースー感やサッパリする感じを高める。

このように育毛剤にアルコールが入っていることで商品の品質を長持ちさせたり、成分同士を混ざりやすくなることで品質が向上します。また、アルコールが持つ皮脂の分解効果により、育毛剤の浸透力を上げて使用後の満足感も上げられるので、メリットが多いこともアルコールの良い所です。

アルコール成分も全てが悪ではなく、メリットもたくさんあり必要に応じて配合されているんです。

しかし粗悪な商品の場合、アルコール成分の悪い所をあまり考慮していない商品が多く存在しているのも事実です。それらを見極める為には、私達もアルコール成分のデメリットを知っておく必要があります。

アルコール成分のデメリット

アルコール成分のデメリットとは何でしょうか?

育毛剤で抜け毛が増えるかもしれない理由が以下になります。

  • 抜け毛が増える
    頭皮環境の悪化や毛乳頭細胞のダメージによりハゲになる可能性がある。
  • 頭皮の乾燥
    アルコールが揮発する際、頭皮の水分を奪ってしまい乾燥が促進します。
  • 頭皮に刺激が起こる
    揮発の際、頭皮に刺激が残ります。しみるヒリヒリした痛みを伴う。
  • 肌の常在菌が死滅する可能性
    殺菌効果により皮膚常在菌が減少する可能性も。
  • アレルギー反応
    アレルギー体質な人には過剰に反応するかもしれません。
  • パーマやカラーリングとは相性悪い
    成分が混ざりやすい反面ヘアカラーなど落ちやすくなります。

このように育毛剤にアルコールが入っていることで、抜け毛が増えたり、頭皮が乾燥して悪化したりとデメリットを見ると心配になります。

この中でも1番起きやすいのが頭皮の乾燥です。アルコールが蒸発する際、頭皮の水分を一緒に奪っていきます。これで頭皮が乾燥します。また、この時に頭皮に刺激が起こりヒリヒリします。

アルコールのメリットで殺菌効果がありますが、これは逆に頭皮の皮膚常在菌を攻撃する可能性もあります。アルコール濃度が高すぎる商品は気を付けた方が良さそうです。

また、アルコールがアレルギー体質だという人は少量でもアレルギー反応が出てしまう場合もあり、腫れやかぶれなどを伴う可能性があります。

安い化粧水や乳液などでは商品によって成分のほとんどが水でできている為、アルコールが配合されていることによって保湿効果が無く、逆に乾燥してしまう粗悪な商品もあります。

保湿しようと思って逆に乾燥してしまうなんて最悪ですね…。

アルコール成分配合の育毛剤はダメなのか!?

アルコール入り育毛剤はダメ

少量のアルコールが配合されている育毛剤であれば、特に気にする必要性は感じません。

普通に敏感肌の人や乾燥肌の人でも、このサイトで紹介している育毛剤であれば、大抵の人は大丈夫です。

極度に敏感肌な人やアルコール自体にアレルギーを持っている人は避けるべき成分ですね。

しかし現実的な話として、アルコールフリーの育毛剤ってかなり少ないです。完璧に入っていない物は1つぐらいしか知りません。(後で紹介します)

なのでアルコールが極力少ない育毛剤を使用することがおすすめです。そうすることで商品選択の幅も広がります。

ですが私達が育毛剤に含まれるアルコールの含有量を調べる術がありません。どこの会社も企業秘密で教えてくれないんです。

なので参考として、育毛剤を実際に使用している「育毛剤の口コミサイト」や「レビュー記事」を参考にするのも良いでしょう。

使用感などにスースーしたり、ヒリヒリするなどのコメントが書いてあるのであれば、アルコール成分の含有量が多いかも知れません。

色々な可能性を考慮し、どうせならアルコールフリーの育毛剤を使いたいというのであれば、それでも良いでしょう。あとで紹介しますが、そんな育毛剤はかなり少ないので、かなり限定されてきます。

アルコール入り育毛剤を特に使用しない方が良い人

  • 超敏感肌・超乾燥肌の人
  • パーマやカラーリングをしている人
  • 皮脂の分泌が少ない人(40代以降)

育毛剤のアルコールで抜け毛が増えないか?

育毛剤のアルコール成分で抜け毛が増えてハゲにならないのか…!?そんな心配をしている人もいると思います。

先程も言いましたが、私達が育毛剤に含まれているアルコール量を調べる方法はありません。

ならばどうするか?

私達はアルコールフリーやノンアルコールと育毛剤の公式サイトに書かれている商品を使用するべきです。

公式サイトに書かれている育毛剤は、メーカーが意識してアルコールフリーの育毛剤にしてある商品です。そんな育毛剤はかなり限られてきますが公式サイトを確認しましょう。

※下で紹介している育毛剤です。

アルコールフリーの育毛剤を使おう!

化粧水などに含まれているアルコール濃度は10%程度の物もあります。それに比べれば育毛剤に配合されているアルコールは極々少量です。

ほんの少しでも悪いものは排除したいと思っている人やアルコールにアレルギー反応がでる人はアルコールフリーの育毛剤を使用することをおすすめします。

※健康体の人であればアルコール成分に対し、そこまで過敏になる必要はないと思っています。

ここからは育毛剤でアルコールフリーと謳っている商品を男性用と女性用それぞれを調査したので、ご紹介していきます。アルコールフリーの育毛剤を求めている人は参考にして下さい。

男性用育毛剤でアルコールフリーはあるのか?

男性用というか男女兼用になってしまいますが、アルコールフリーやノンアルコールと謳っている育毛剤はあります。

今回紹介する育毛剤は以下になります。

  • 育毛剤ブブカ(男女兼用)
  • 育毛剤M-1ミスト(男女兼用)
  • 育毛剤イクオス(男女兼用)
  • 育毛剤ミューノアージュ(女性専用)

それでは1つ1つ見て行きましょう。

BUBKA(ブブカ)

ノンアルコール製法の育毛剤

育毛剤ブブカはアルコールフリーである「業界初のノンアルコール製法」を実現したと公式サイトに書かれています。

しかしブブカの成分表をしっかり見てみると、アルコール成分の一種であるエタノールや無水エタノールなどの成分が書かれているんです。

下記画像は育毛剤ブブカの箱に記載されている成分表です。

アルコールフリーの成分表

何これ…!?全然アルコールフリーじゃないじゃん。

アルコール成分が4つもあるし…。他のはまだしもエタノールって書いてある…。

ブブカ公式サイトの「良くある質問コーナー」を見ると、こんなことが書かれていました。

エタノール、フェノキシエタノール、無水エタノール、1,3-ブチレングリコールは分類としてはアルコールではあるのですが、 各有効成分のエキス溶媒に必須でございますので、ごく微量の0.1%未満(アルコール度)を使用しております。 他の育毛剤のようにアルコール含有を目的として入れているアルコール成分は全く使用しておりません。 濃密育毛剤BUBKAは、業界初のアルコールフリー育毛剤でございます。ブブカ公式サイト

※「D-パントテニルアルコール」はビタミンB群の一種で、アルコールではありません。

育毛剤ブブカには、エタノール、無水エタノール、フェノキシエタノール、1,3-ブチレングリコールなどが含まれているが、ごく微量の0.1%未満(アルコール度)の配合量なのだそうです。

結局のところ育毛剤ブブカはノンアルコール製法と謳っているが、アルコール成分はごく微量配合されています。

一般的にアルコールフリーとかノンアルコールと言われると完全にアルコール成分が入っていないことを想像すると思います。

ここが消費者側と生産者側の考えの違いというか認識の違いです。

ですが、このアルコールは自然のエキスを抽出する過程で入ってしまう必要最低限のアルコールで頭皮の皮脂除去などのアルコール成分を当てにして配合されている訳ではありません。

まぁこれをアルコールフリーと言えるかどうかは微妙ですが…。

育毛剤ブブカには沢山の天然成分が配合されています。これらの成分同士を混ぜ合わせるのには、ごく微量なアルコールが必要と言っています。

アルコールに対してアレルギーを持っている人は、ほんの微量のアルコールでも不安だと思います。そんな人には育毛剤ブブカはちょっとおすすめ出来ません。

ただし、たった0.1%未満のアルコールということは、アルコールで抜け毛が増え、薄毛(ハゲ)にならないか心配な人にとっては、数少ない優秀なアルコールフリー育毛剤です。

公式サイト⇒「濃密育毛剤BUBKA

※個人差がありますが、本来このぐらい微量なアルコールならば気にする必要はないレベルです。

M-1ミスト(エムワンミスト)

アルコールフリーの育毛剤

そこでM-1ミストという育毛剤があります。こちらは完全アルコールフリーの育毛剤です。

M-1ミストの全成分が以下になります。

グリチルリチン酸2K●センブリエキス●ニンジンエキス●精製水●加水分解酵母●加水分解ケラチン

このように一切のアルコールが使用されていない育毛剤は珍しいです。

アルコール成分がほんの少しでも配合されている育毛剤が無理な人は、この「M-1ミスト」がおすすめです。というかM-1ミストぐらいしかありません。

しかし、成分数が6種類しか配合されておらずM字の薄毛・抜け毛に効果的な成分も配合されていません。なので単純に他の育毛剤に比べ育毛効果的にどうなのか?というところです。

そして価格が定期コースで9,000円なので、ちょっと高いかなという印象です。定期便も3回の縛りがあるので、購入の際は注意が必要です。

※育毛剤ブブカは育毛サプリ付きです。

公式サイト⇒「M-1ミスト

アルコールフリーに近い育毛剤で成分数が良い育毛剤は?

育毛剤ブブカはアルコールフリーに近い育毛剤ですが、それと同様に安全でM-1ミストよりも成分数が多くもっと多角的に効果に期待できる成分が配合されていて、価格も安くコスパが良い育毛剤があったら使いたいですよね?

実はそんな育毛剤があるんです。

それが「育毛剤イクオス」です。

IQOS(イクオス)

育毛剤イクオス

育毛剤イクオスは少し前に大幅リニューアルされています。

育毛剤イクオスもブブカと同様に入っているアルコール成分は一緒です。

下記画像は育毛剤イクオスの箱に記載されている成分表です。

イクオスのアルコール成分

このように配合されているアルコール成分は一緒です。

アルコール含有量を比べるのは不可能ですが、使用感の比較ならできます。

イクオスを実際に使用した感想では、ブブカと同様にスースーするとかヒリヒリするとかは一切ありません。

実際の使用感はこちら「【女性の口コミ】育毛剤イクオスとサプリで、髪の毛は生えたか!?」を参考にして下さい。女性が育毛剤イクオスとサプリを使用しています。

なので、イクオスもブブカ同様でアルコールフリーに近い育毛剤だと思われます。

※ただし公式サイトにアルコールフリーやノンアルコールと記載はされていません。あくまでも使用した時の感想です。

またイクオスには「M-034」をはじめ新成分の「Algas-2」も配合されており、保湿面ではブブカ以上のポテンシャルを持っています。アルコール成分以上に保湿成分がこれでもかと充実配合されているので、基本的に頭皮が悪化する心配はありません。

安価な商品はアルコール成分が多く保湿成分が少ない為、逆に頭皮が悪化してしまう可能性もあります。

本来は各会社に直接電話してアルコール成分の含有量を聞くのが1番なのですが、聞いても企業秘密で教えてくれませんでした…。

ここまでの育毛剤を価格も併せて比較してみます。

  イクオス ブブカ M-1ミスト
アルコール
成分数  61種類 54種類 6種類
初回価格  6,980円 5,980円 9,000円
2回以降  6,980円 11,664円 9,000円
定期縛り  無し 無し 3回

※全て男女兼用の育毛剤です。

※育毛剤イクオスとブブカには育毛サプリ付の価格です。

アルコールフリーに近くて成分数も多い。初回や2回目以降も価格が安くて、定期コースでの縛りもない育毛剤がイクオスです。

継続のしやすさから見ても、育毛剤と育毛サプリのセットがずっと6,980円という価格設定は私達には嬉しいですね。

公式サイト⇒「イクオス

また育毛剤イクオスの詳細はこちら「【完全リニューアル】育毛剤イクオスが激熱!新・旧イクオスの効果を比較」に書いてあるので参考にして下さい。

女性用育毛剤でアルコールフリーはあるのか?

先程おすすめした育毛剤は男女兼用育毛剤なので、女性の人でも問題なく使用することができます。

ですが女性が育毛剤を購入する場合、女性専用育毛剤の方が価格的に安く購入することができるので、女性用育毛剤の方がお得なのです。

そんな女性用にもアルコールフリーの育毛剤があるのか調査しました。

MUNOAGE(ミューノアージュ)

女性育毛剤のアルコールフリー

私が調べた女性用の育毛剤ではこの「ミューノアージュ」がアルコールフリーになります。

ミューノアージュは1剤と2剤に分かれています。全成分が以下になります。

ミューノアージュ1剤↓

●水●BG●ペンチレングリコール●エトキシジグリコール●ソルビトール●オクタペプチド-2●ヒアルロン酸Na●カミツレ花エキス●シソ葉エキス●エンドウ芽エキス●パントテン酸Ca●グルコシルヘスペリジン●イソマルト●アクリレーツコポリマー●アルギニン●クエン酸●フェノキシエタノール

ミューノアージュ2剤↓

●グリチルリチン酸ジカリウム●センブリエキス●ピロクトンオラミン●酢酸DL-α-トコフェロール●パントテニルエチルエーテル●ニンジンエキス●海藻エキス(1)●ダイズエキス●イチョウエキス●コメ発酵液●カキタンニン●乳酸●乳酸ナトリウム液●精製水●1,3-ブチレングリコール● ジエチレングリコールモノエチルエーテル●1,2-ペンタンジオール●濃グリセリン●モノオレイン酸ポリグリセリル●クエン酸●水酸化カリウム●フェノキシエタノール

エタノールや無水エタノールなどの記載はなく、アルコールフリーの女性用育毛剤です。

ミューノアージュは女性用の育毛剤の為、男性にはおすすめしません。その分価格が安くコスパが優れているので、女性にはおすすめできます。

初回はお試しキットがあり、2週間分で1,980円なので気軽にお試しができる処も魅力です。

公式サイト⇒「ミューノアージュ

まとめ

アルコールフリーの育毛剤が私達の頭皮にどのような影響を与えるか、メリットとデメリットをそれぞれ見てきました。

アルコールには毛乳頭細胞にダメージを与え、頭皮を乾燥させてしまうと言う性質があるので、育毛剤を選ぶ場合はアルコールフリーやノンアルコールを公式サイトで謳っているものを使用していきましょう。

またアルコールの含有量が少ない育毛剤でも良いでしょう。その場合は育毛サイトやユーザーの口コミに「ヒリヒリ」や「スースー」といった使用感が無いことを参考にして、育毛剤を選んでいきましょう。


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。