DHT(ジヒドロテストステロン)が薄毛の原因NO.1!

男性ホルモン

男性の薄毛・抜け毛の原因として、NO.1がDHT(ジヒドロテストステロン)と言われています。

男性ホルモンじゃないの?と思うかもしれません、それは正解です。男性ホルモンがなんやかんやで、さらに強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)になって発毛・育毛を阻害してしまうので、結果としてNO.1になります。

このDHTが私達の髪の毛に与える影響はもの凄いです。

最近おでこが広くなった気がする貴方はDHTにより、薄毛・抜け毛が進行しています。そのまま放っておくと、その勢いはどんどん加速していきます。そうならない為にも、DHTとは何なのか。どうやって生成されるのか。NO.1たる由縁を一度確認しておきましょう。

DHT(ジヒドロテストステロン)とは!?

DHT(ジヒドロテストステロン)を知るには、まずTH(テストステロン)を知らなければなりません。

と言うことで、まずはTH(テストステロン)、これは精巣で95%、副腎で5%で作られている男性ホルモンの一種です。

そしてDHT(ジヒドロテストステロン)は、このTH(テストステロン)が、変換されて出来た強力な男性ホルモンです。

DHT(ジヒドロテストステロン)

各々には以下の作用があります。

TH(テストステロン)の作用

  • 生殖器の増大
  • 性欲の増加
  • 精子生成量の増加
  • 骨格・筋肉の成長
  • やる気、行動力の増進

DHT(ジヒドロテストステロン)の作用

  • 薄毛
  • 体毛の増加
  • 精力の減退
  • 前立腺が肥大

この様な作用があります。DHTの作用の中に気になるものがありますね…

DHT(ジヒドロテストステロン)の作用には、ご覧の通り薄毛があります。薄毛・抜け毛で悩む多くの人が、このDHTの作用によって薄毛が進行していき、その勢いは留まる事がありません。

薄毛・抜け毛を改善するにあたり、このDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制することが重要になってきますが、どの様なメカニズムで生成されるのか詳しく知っておく必要があります。

DHT(ジヒドロテストステロン)のメカニズム

このDHTがどのようにして誕生してしまうのか!?そのメカニズムを知る事で、より効果的な対策が可能となります。
DHTメカニズム

先程、登場した男性ホルモンのTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(Ⅱ型)という還元酵素によって変換されて強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が誕生します。そしてこのDHTが毛乳頭細胞の受容体に結合してしまうと、髪の毛を作る為の細胞分裂が減ってしまいます。

これにより髪の成長を抑制してしまう働きがある為、髪の毛が細く、弱く、抜けやすくなって、薄毛・抜け毛の症状が出ます。この作用がDHTが薄毛の原因NO.1と言われる由縁です。

上図を見て頂くと、髪の毛の成長を抑制するまでに何段階かあります。私達は何らかの手段でこのDHTの生成を防ぐ事で薄毛・抜け毛の改善が出来るという事です。

5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型は何が違うのか!?

先程、TH(テストステロン)が5αリダクターゼ(Ⅱ型)に変換されてDHTが誕生すると書きました。

Ⅱ型があるという事はⅠ型もあります。なので5αリダクターゼには2種類存在します。

  • 5αリダクターゼ(Ⅰ型)
    Ⅰ型は毛が生える箇所にまんべんなく存在しています。前頭部、側頭部、頭頂部、後頭部、わき毛、陰毛などです。
  • 5αリダクターゼ(Ⅱ型)
    Ⅱ型はある一定の場所で特に多く存在しています。前頭部~頭頂部、ヒゲなどです。

Ⅰ型は毛根の皮脂腺に多く存在し、Ⅱ型は髪の毛の母である毛乳頭に多く存在しています。

Ⅰ型・Ⅱ型の特徴

Ⅰ型の特徴としては、脂性の人が多いです。他にもニキビや吹き出物が出来やすい人が該当します。その為、頭皮が脂性でテカテカしている人はⅠ型が多く存在している事になります。

Ⅱ型の特徴としては、体毛やヒゲが濃い人が多いです。聞いた事もあるかと思いますが、「体毛が濃くなるとハゲる」。これはあながち間違いではありません。

なぜなら薄毛・抜け毛が進行している多くの人は、5αリダクターゼ(Ⅱ型)の因子が多く存在している人です。5αリダクターゼ(Ⅰ型)もDHTは生成しますが、特にⅡ型の方がDHTの生成量が多い為、薄毛が進行していきます。

以上の事からⅡ型の存在が多い部分である前頭部~頭頂部にかけての薄毛・抜け毛が目立ちます。それに対し側頭部と後頭部は、Ⅱ型の存在が少ない為、薄毛になる事は珍しいです。

薄毛・抜け毛を改善する基本的な考え方

ここまで読んでくれた人は気付いていると思いますが、薄毛・抜け毛を改善する為にはDHTの生成を抑制させる事です。DHT抑制
このようにDHTを抑制してあげれば、薄毛・抜け毛は改善されます。

具体的には、以下の方法があります。

  • TH(テストステロン)である男性ホルモンを抑制
  • 5αリダクターゼ(Ⅱ型)を抑制
  • DHTによって阻害された細胞分裂を活発にする

考え方の基本として、原因である元凶を絶つ事です。

では、元凶を絶つ効果的な方法には何があるのか!?見て行きましょう。

元凶を絶つ効果的な方法

元凶であるDHTを抑制するには、上記の事だと分かった。じゃあ具体的にどうするのか?何が1番効果的なのか?という話になりますよね。

まずは、代表的な方法が以下になります。

  • 自力治療(日常の改善)
  • 育毛剤
  • 育毛シャンプー
  • 内服薬(ミノキシジル、フィナステリド)
  • 育毛器具(ヘアレーザー、ドライヤー)
  • 育毛サプリメント
  • クリニックで治療

方法は色々あります。ホントに色々ある…色々あり過ぎるから困るんですよね…この中で私が1番お勧めするのは自力治療です。自力治療とは日常的に今貴方が行っている事を改善していく事です。

これは、今自分で出来る事をやっていきます。お金も掛からないので無料です。しかも髪の毛以外でも身体に良い事ばかりなので、もし他の方法をするにしても自力治療も並行して行うべきです。

自力治療の内容としては、このブログに書いてある食事やストレス、睡眠、タバコなどの改善です。

しかしながらこの方法にも弱点があります。この改善方法は薄毛の初期段階や若ハゲの人には直ぐに効果が表れます。

しかし、ある程度薄毛が進行している人にはその効果よりも早く薄毛が進む為に、あまり効果が得られなかったり、進行を遅らせる程度になってしまいます。

薄毛スピード

上図のように、薄毛のスピードが100%に対して、育毛剤の効果が仮に40%の効き目しか無かった場合。薄毛の進行スピードを減速させる事はできますが、60%のスピードでじわじわと確実に進行してくる為、根本的な薄毛の改善にはなりません。

そんな人は自力治療+育毛剤や育毛器具との併用が効果的になります。これらは副作用さえなければいくらでも併用可能で、それに従い効果も上がっていきます。ですが、その分お金が掛かってしまいますので、最小限に抑えたいものですね。

ちょっと長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

ここで元凶を絶つ効果的な方法として、1つ1つの性能を40%では無く、120%引き出してあげる事です。1つだけでも効果的で、尚且つ併用する事で、その効果をさらに飛躍させる事が可能です。その為には、より効果的な商品を選定する能力が必要になってきます。適当な物を使用し続けても効果が期待できる物と、そうでない物があります。

商品の成分や効果に詳しい人は、自分に合った物を探せると思います。しかし成分や効果がいまいち分かり難いのも多く、自分には良く分からんって人は以下を参考にして下さい。

各作用の抑制に適した物が以下になります。

TH(テストステロン)である男性ホルモンを抑制

主に内服薬で抑制していきます。

TH(テストステロン)である男性ホルモンを抑制するには、内服薬が効果的です。メジャーな薬でミノキシジルとフィナステリドです。しかしこの2つは副作用があるので、気を付けなければなりません。

この副作用は簡単に「動悸・胸の痛み・不整脈・性欲減退・勃起不全」などの症状が出る可能性があるそうです。皮膚科などで処方してくれると思いますので、医師と相談するのが1番です。

なので、ここでは敢えて紹介はしません。内服薬(医薬品)なので、それ相応の効果が期待できますが、この副作用が恐いことからTH(テストステロン)の抑制ではなく、5αリダクターゼの抑制をオススメします。

内服薬は男性ホルモンを抑制する効果に1番期待できると思います。これは医学的に認められています。尚、これと同様に下に紹介している低出力レーザー育毛器「ヘアマックス」も効果が証明されています。なのでアメリカのFDAにも認可されています。

5αリダクターゼ(Ⅱ型)を抑制

主に育毛剤で抑制していきます。

5αリダクターゼに対して効果的なのは育毛剤です。中でも以下の「チャップアップ」は有効成分の「M-034」を筆頭に育毛に効果的な成分が配合されています。特にその中の成分で「オウゴンエキス」、「チョウジエキス」、「ヒオウギ抽出液」、「ビワ葉エキス」など4種類もの成分が、この5αリダクターゼの抑制に、大変素晴らしい働きをしてくれます。

公式サイトはこちらです↓
AGAに行かなくても必殺の一本チャップアップ

「チャップアップ」や有効成分の「M-034」について、記事を書いてありますので参考にして下さい。

参考記事

DHTによって阻害された細胞分裂を活発にする

主に育毛器具で活発にしていきます。

DHT(ジヒドロテストステロン)によって、弱まってしまった細胞分裂を活発にさせるのに効果的なのが、育毛器具です。その中でも「ヘアマックス」は低出力レーザーを頭皮に照射する事で、頭皮細胞の代謝を活発にしてくれる優れものです。

この対策の考え方としては、育毛剤で抑制した5αリダクターゼはあくまでも抑制なので、完全にDHTが消滅する訳ではありません。残ったDHTで髪の毛を作る為の細胞分裂は阻害されます。

そこで、このヘアマックスの頭皮細胞の代謝を活発にしてくれる作用が効果的になります。ヘアマックスはFDAの認可を取得している、数少ない優れた育毛器具です。

公式サイトはこちらです↓

ヘアマックスについて記事を書いてありますので、参考にして下さい。

参考記事

多くの人は育毛剤等に頼る事になると思いますが、DHTを効率良く抑える為の方法と種類は星の数ほどあります。なのでこれらを参考に自分に適した最善の物・方法を見つける事が大切になります。

 


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。