頭皮湿疹の原因を見極めよう!適切な対処法とは…

TeamK / Pixabay

頭皮湿疹とは一般的に頭皮が赤くなり湿疹ができ、かゆみが生じるものです。この頭皮湿疹は皮膚炎と同じです。ここでは頭皮湿疹の種類や特徴を知り、貴方の頭皮湿疹が何の種類で、何が原因で、その適切な対処法は何かまでを書いていきます。

頭皮湿疹の各種類により対処法は当然違ってきます。間違った対処法は頭皮湿疹が悪化する場合もある為、注意が必要です。

頭皮環境を健全に保つことは、薄毛・抜け毛にとっても大切なのは今までの記事でも触れてきました。もし貴方が薄毛・抜け毛の対策をしたいと思っていても、これらの症状が出ているのでは髪の毛にとって良くありません。まずは頭皮環境を健全な状態にして、それから育毛ライフを送りましょう。

頭皮湿疹の4つの種類、症状、特徴

まず頭皮湿疹といっても様々で、あなたの頭皮湿疹がどれに該当するのか見極める為に、各種類、症状、特徴を把握しておくことが大切になってきます。

頭皮湿疹の種類

  • 接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)
  • アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)
  • 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)
  • 乾皮症・皮脂欠乏症湿疹(かんひしょう・ひしけつぼうしょうしっしん)

聞きなれている症状から聞きなれない症状まで様々ですが、頭皮湿疹の種類として以上4つのものが代表的です。

そして、基本的な頭皮湿疹の流れは以下のようになります。

頭皮湿疹
この様に頭皮が何らかの刺激を受ける事で、頭皮湿疹は発症します。これが今から話していく中での基本になります。

頭皮湿疹の基本用語

  • 紅斑(こうはん)
    赤い湿疹。頭皮が赤いてんてんになる。
  • 丘疹(きゅうしん)
    盛り上がった湿疹。丘のように表面がぼこぼこしている。
  • 水泡(すいほう)
    水を含んだ湿疹。水ぶくれみたいなもの。

頭皮湿疹について詳しく学ぶために、上記3語はちょくちょく出てきます。覚えておいて損なしです。

上記4つの種類の内、貴方の頭皮湿疹の症状はどれでしょうか?種類により原因と対処法が違ってきます。間違った対処法をすると頭皮湿疹が悪化する可能性もあります。

それでは、貴方の頭皮湿疹の種類はどれに当てはまるのか確認していきましょう。

確認方法として鏡の前に立ち手鏡を使って確認するか、家族に確認してもらうでも良いですが、携帯やスマホで頭皮を撮影すると確認しやすいのでオススメです。

接触性皮膚炎の症状と特徴

接触性皮膚炎とは俗に「かぶれ」とも言われています。症状としては金属や植物に触れた部分に紅斑、丘疹、水泡が出来ます。皮膚が外的刺激を受けるとその刺激と接触した一部分のみが炎症する。

「かぶれ」は良く耳にすることがあるのではないのでしょうか!?植物に触れてかぶれる等が代表的かもしれませんね。これは植物(ウルシなど)に接触した皮膚の一部が炎症するので接触性皮膚炎となります。

この接触性皮膚炎を更に細かく分けると「刺激性接触皮膚炎」「アレルギー性皮膚炎」に分別される。

  • 刺激性接触皮膚炎
    上記の様な植物や虫の刺激や毒素などの刺激物が直接肌に触れる事で発症する特徴がある。
  • アレルギー性皮膚炎
    次に紹介するアトピー性皮膚炎と類似している為、湿疹だけでは区別するのが困難です。しかしその発症する過程に違いがあり、アレルギーの原因である物質に繰り返し触れる事で発症するという特徴を持っている。

上記2つは刺激物に触れてから数時間以内に湿疹が発症します。

接触性皮膚炎は基本的に頭皮の湿疹が出ている箇所と、出ていない箇所の境界線がハッキリしているのも特徴です。しかし例外として、その境界線を越えて身体全体に発症する「全身性接触性皮膚炎・接触性皮膚炎症候群」というものもあります。

アトピー性皮膚炎の症状と特徴

アトピー性皮膚炎の症状として、紅斑、丘疹、かさぶた、乾燥、ただれ、フケ、苔癬(たいせん)等が肌に出ます。そして左右対称に発症する場合が多く、年齢によって出る場所も違ってきます。

乳児は額、頬に出やすく、成人になると顔、首、胸、背中に出る。このアトピー性皮膚炎はアレルギー体質の人が持ち合わせている事が多く、治ったと思っても直ぐに再発する事が多い傾向があります。

身体のバリア機能が著しく低下する事により、紫外線などの外的刺激に弱く、アレルギー体質の人がアトピー性皮膚炎になる可能性が高い特徴があります。

代表的な例として食べ物のアレルギーがあります。青魚やそばアレルギー、乳製品等で発症する湿疹です。あなたの周りにもいると思います。

脂漏性皮膚炎の症状と特徴

脂漏性皮膚炎の症状として、紅斑、かさぶた、乾燥、フケみたいな物等が肌に出ます。

皮脂の分泌が多く、湿気の多い部分で発症する事が多いのが特徴です。頭皮のかさぶたの原因では、この脂漏性皮膚炎である可能性が高いともされています。

あまり聞きなれない言葉ですが、この脂漏性皮膚炎には、人によりかなりの個人差がある為、症状の軽い人は頭皮のかさぶたを軽視しがちです。しかしそれは脂漏性皮膚炎と言う病気かもしれません。

脂漏性皮膚炎について、こちらの記事「頭皮のかさぶた1日でも早く治したい!様々な原因と対処法」を参考にして下さい。

乾皮症・皮脂欠乏症湿疹の症状と特徴

乾皮症・皮脂欠乏症湿疹の症状として、乾燥からくる肌のひび割れ、皮膚がカサカサ、フケのような物等が肌に出ます。

冬等の乾燥した状況で発症する事が多く、脂漏性皮膚炎とは逆の特徴を持っています。

女性や清潔好きな人に多く見られます。主に洗濯や掃除、洗い物等で使用する洗剤によって手が荒れたり、ひび割れしてしまいます。これらは経験のある人が多いと思います。男性では工業用の油を取る洗剤や特殊な液等を使用する事で起こる場合もありますね。

頭皮湿疹の原因を見極めよう!

頭皮湿疹の主な原因としては、脂漏性皮膚炎と乾皮症とされる事が多いです。どうでしょう…貴方に該当する種類を特定できたでしょうか?種類が分かったら今度は原因を見つけ対処していきましょう。

頭皮湿疹の原因として共通する事は、頭皮のバリア機能の低下や頭皮のバリアが外的刺激に負けることで、頭皮湿疹を引き起こすという事です。ここで言う頭皮のバリアとは表皮や皮脂の事です。

接触性皮膚炎の原因

先程述べたとおり、接触性皮膚炎には2つの種類に分類されます。それぞれの原因を見ていきましょう。

刺激性接触皮膚炎の原因

  • シャンプーやリンス、化粧品、整髪料といった化学成分による刺激。
  • 植物や虫などの毒性が肌へ直接触れる外的刺激。

アレルギー性皮膚炎の原因

  • 金属や植物、ゴム、洋服、紫外線といった物質による外的刺激。
  • 猫アレルギーや犬アレルギーといった動物の毛。
  • シャンプーやリンス、化粧品、整髪料といった化学成分による刺激。

これらが原因になって頭皮湿疹を引き起こします。

接触性皮膚炎の原因を簡単に言うと、刺激物やアレルギー物質が皮膚に接触する事が原因。

アトピー性皮膚炎の原因

頭皮の乾燥やバリア機能の低下により湿疹が発症する場合が多く、その原因は実に幅広い。特定するのは困難であるともされています。このアトピー性皮膚炎はまだ分かっていない事も多いのが現状で、ここがアレルギー皮膚炎との違いです。

アトピー性皮膚炎の原因

  • 家族にアレルギー体質の人がいて、同じ症状があなたにも出る遺伝。
  • ハウスダスト等のチリやホコリ、雑菌、カビ等の生活環境。
  • 青魚やそばアレルギー、乳製品等の飲食物。
  • 猫アレルギーや犬アレルギーといった動物の毛。
  • シャンプーやリンス、化粧品、整髪料といった化学成分による刺激。
  • 汗やアカ、乾燥、汚れといった肌にまとわりつく刺激。
  • 洋服、紫外線といった外的刺激。

これらが原因になって頭皮湿疹を引き起こします。

アトピー性皮膚炎はバリア機能の低下により、あらゆる刺激に身体が弱くなっています。

上記の中で最も多いとされている理由が、以外にも遺伝や食べ物では無く、ハウスダストやダニ、カビ等の雑菌がアトピー性皮膚炎の最大の原因とされています。

アトピー性皮膚炎の原因を簡単に言うと、アレルギー物質が体内に入ったり、触れたりするのが原因。

脂漏性皮膚炎の原因

頭皮のかさぶた対処法の記事でも書きましたが、頭皮にかさぶたができたら脂漏性皮膚炎かもしれません。

脂漏性皮膚炎の原因

  • マラセチア菌の増殖。
  • ビタミンB1,B2の不足。
  • ホルモンバランスの乱れ。
  • アルコール依存。
  • ストレス。
  • シャンプーやリンスの過度な洗浄力による皮脂の除去。

これらが原因になって頭皮湿疹を引き起こします。

頭皮の皮脂が過度に分泌された状態、且つジメジメした環境だと皮膚の常在菌であるマラセチア菌の増殖により、皮脂が分解され酸化した物質が頭皮に刺激を与える事が最も多い原因です。

最後の「シャンプーやリンスの…」とは、これにより頭皮の皮脂を必要以上に除去することが原因で、頭皮の皮脂量が本来の貴方の皮脂量より多く分泌されてしまう可能性があり、結果的にマラセチア菌の増殖を手助けする形になります。

脂漏性皮膚炎の原因を簡単に言うと、頭皮の皮脂が大量に分泌されてしまうのが原因。

乾皮症・皮脂欠乏症湿疹の原因

砂漠の枯れ果てた大地、これを想像すると分かり易いと思います。砂漠に元気な草は生えていません。これと同様に、乾燥した頭皮に元気な髪の毛は生えてきません。

乾皮症・皮脂欠乏症湿疹の原因

  • シャンプーやリンス、洗剤の過度な洗浄力による皮脂の除去。
  • 湿度の低下による空気の乾燥。
  • 強風、からっ風による肌の乾燥。
  • 紙、洗顔シートによる皮脂を奪い去る物質への接触。

これらが原因になって頭皮湿疹を引き起こします。

皮脂を奪い去る洗浄剤等が主な原因になります。これには接触性皮膚炎と同じようにシャンプーやリンス、トリートメント等も含まれます。強い洗浄成分は頭皮の皮脂を落とし過ぎてしまう為です。

さっきの話だと皮脂を落とし過ぎると、皮脂の分泌量が増えるのだから乾皮症の原因にならない様にも思えますよね。皮脂を取り過ぎた場合は頭皮はまず乾燥します。そして頭皮の乾燥状態が続いた後、皮脂の分泌量が増えるので、1度乾燥したぐらいで直ぐに皮脂の分泌量が増える訳ではありません。

乾皮症の原因を簡単に言うと、頭皮の皮脂が少なすぎるのが原因。

頭皮湿疹の適切な対処法

頭皮湿疹の対処法をする前に、それぞれ貴方に合った頭皮湿疹の種類や原因は分かりましたか?

  1. YES!…ご自身の頭皮湿疹が分かった人は以下の適切な対処法をしていきましょう。
  2. NO!…ご自身の頭皮湿疹がまだ分からない人は1番下の記事にお進み下さい。

初めに頭皮湿疹の各4種類には、共通する対処法があります。ここまで見て頂いた貴方はもう気付ているかもしれませんが、それぞれの原因にはシャンプーやリンス等の過度な洗浄力による刺激が含まれています。

これは原因でも言いましたが、頭皮のバリアである表皮や皮脂を健全な状態にしてあげる事です。これにより頭皮バリアの性能が向上され外的刺激から頭皮を守り易くなる。その為、あらゆる頭皮湿疹になりにくい健康的な頭皮になります。また健全な状態を保つことにより、頭皮湿疹の悪化も防いでくれる対処法です。

まだあります。頭皮バリアを健全な状態にすることにより、薄毛・抜け毛の対策にも大きく影響を与えるでしょう。

では頭皮バリアの健全な状態を保つ為にはどうすれば良いのでしょうか?見ていきましょう。

頭皮バリアを健全に保つには(共通の対処法)

原因で書いたように、「シャンプーやリンス、化粧品、整髪料といった化学成分による刺激。」が4種類の頭皮の湿疹には原因の1つとされています。

対処法は簡単でシャンプーとリンスを刺激の少ない物に変える事です。

シャンプー剤の裏側には、入っている成分が表記されています。今貴方が使用しているシャンプーの裏側を見て頂くと分かり易いと思います。

その成分表の中に

  • ラウリル〇〇系
  • ラウレス〇〇系
  • 〇〇硫酸〇〇系

と書かれていれば、頭皮にとって強い洗浄成分です。

詳しくは、こちらの記事「頭皮の架け橋!育毛シャンプーの基礎知識」を参考にして下さい。

この3つは市販のシャンプーには大抵使用されている洗浄成分なのですが、これらは石油由来の界面活性剤と言われています。これは洗浄成分が強すぎる為、頭皮にはあまり良くなく、皮脂を取り過ぎてしまいます。しかし安価で大量に作れる為、多くの大手メーカーで市販されています。

では何のシャンプーが良いのか?

答えは、天然由来の界面活性剤を使用する事。その中でもアミノ酸系のシャンプーが頭皮にとって1番良いとされています。

頭皮に1番良いアミノ酸系のシャンプーを使用したい人

頭皮に1番良いとされるのが、アミノ酸系のシャンプーです。しかし、アミノ酸系のシャンプーと言っても色々な種類があります。

アミノ酸系のシャンプーは頭皮や髪の毛に良い成分ですが、その分コストが掛かります。なので、アミノ酸系と記載されていても、肝心なアミノ酸系の洗浄成分がほんの少ししか配合されていないのにも関わらず「このシャンプーはアミノ酸系ですよ!」と記載されているシャンプーも数多く存在するのが現状です。

そんな中で頭皮に良いアミノ酸系の洗浄成分を5種類も濃密配合しているシャンプーがチャップアップシャンプーです。こちらは育毛シャンプーなので、頭皮環境を健全な状態にして保つには最適なシャンプーと言えます。

具体的にどんな成分が配合されていて、どんなシャンプーなのかは、こちらの記事「チャップアップシャンプーの成分と効果を解析。濃密アミノ酸系の決定版!」をご参考下さい。

頭皮湿疹のかゆみを今すぐ何とかしたい人

頭皮湿疹のかゆみを今すぐ何とかしたい人には、こちらの持田ヘルスケア コラージュフルフルネクスト が良いと思います。

こちらは頭皮のかゆみ、フケ、臭いの原因である雑菌の繁殖を抑制してくれる抗真菌剤入りのシャンプーとリンスです。皮膚科でもオススメされているので、安心で効果のあるシャンプーとリンスです。

詳しくはこちらをご覧下さい⇒「頭皮のかさぶた1日でも早く治したい!様々な原因と対処法」この記事の最後の方に載っています。

これらが頭皮湿疹の共通の原因である対処法です。シャンプーやリンスを変えるだけでも毎日の事なので徐々に頭皮が健全な状態になっていくのが実感できると思います。

あとは貴方の頭皮湿疹の各種類にて対処法を実行していきます。それでは見て行きましょう。

接触性皮膚炎の対処法

接触性皮膚炎の場合、頭皮湿疹の対処法は頭皮に接触する刺激を取り除く事が大切になります。人により原因である刺激物やアレルギー物質は違いますが、考えられる対処法は以下になります。

  • 頭皮湿疹が出たら、その数時間前までの記憶を辿り、自分が何をしたか、何に触れたか等を思い出して1つずつ特定していく。
  • 刺激の強いシャンプーの使用を止める。

接触性皮膚炎の対処法は簡単です。要は原因に触れなければ発症しないわけです。これを言うのは簡単ですが、実際には原因を特定する事は安易ではありません。

湿疹が発症した場所や数時間前まで自分はどんな事をしていたのかを思い出しながら、ノートに貴方が何をして湿疹したのかメモしておきます。この時点では候補を洗い出す感じです。なので、この一回では特定できません。何回も湿疹が出るうちにメモした貴方の行動を繋ぎ合せる事で、初めて原因である刺激物が特定できます。

しかも刺激物は1つだけではない可能性もあります。そうして刺激物の特定をし、その原因に触れないようにします。尚且つ肌のバリア機能を健全な状態(共通の対処法)に保っていれば湿疹は発症せず、湿疹になりにくい身体になります。

アトピー性皮膚炎の対処法

アトピー性皮膚炎の場合、頭皮湿疹の対処法といっても原因が不明な点も多いので、ここでは悪化させない為の対処法を記しておきます。アトピー性皮膚炎は頭皮のバリア機能が弱っている為、ちょっとした外的刺激に弱いです。アトピー性皮膚炎を悪化させない為の対処法としては以下になります。

  • 刺激の強いシャンプーの使用を止める。
  • 紫外線対策をする。
  • 寝不足、過労をしない。
  • ストレスを溜めない。
  • 爪は短くしておく。
  • ダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、動物の毛の除去をする。
  • 頭皮に汗を掻いたら、素早く拭く。

とにかく対処法としてはアレルギー物質を体内に侵入させ無いこと、触れることを無くすです。

ダニやハウスダストなどの部屋の環境が、最も多いとされている原因です。この対処法としては空気清浄機を部屋に置いたり、部屋の換気をこまめにする事が大切ですね。また花粉の多い時期はマスクをしましょう。

アトピー性皮膚炎も接触性皮膚炎と同様に原因物質を特定し、把握することが大切です。

最近ではアトピー性皮膚炎に低出力レーザー治療が、最も効果があるとされています。皮膚科で低出力レーザー治療を取り入れている所もあるので、お近くの皮膚科で聞いてみましょう。

参考に、こちらの記事「ヘアマックス購入を考えの方必見‼こんなタイプの人はより効果的」も一緒にご覧ください。

脂漏性皮膚炎の対処法

頭皮のかさぶたで最も有力な原因の1つです。原因であるマラセチア菌の増殖やビタミン不足が考えられるます。慢性化している場合は皮膚科へ行きましょう。それと並行して以下の対策をしていくことが大切です。

  • 刺激の強いシャンプーの使用を止める。
  • シャンプー剤をしっかり洗い流す。
  • 風呂上り後は頭皮をしっかり適度に乾かす。
  • 帽子や枕カバーに除菌スプレーをこまめに吹き掛ける。
  • ビタミンB2,B6を摂取する。
  • ドライヤーを変えてみる。

主な対処法はこんな感じです。

マラセチア菌を増殖させない為の対処法は湿気を避けて、頭皮の皮脂を程良く取り除く必要があります。

こちらの「頭皮のかさぶた1日でも早く治したい!様々な原因と対処法」で各項目を詳しく解説していますので参考にして下さい。

乾皮症・皮脂欠乏症湿疹の対処法

軽度の乾皮症の場合は自己流の対処法で頭皮のバリア機能を回復させる事が出来ます。しかし症状が悪化して痛かゆい感じの場合は、なかなか良くなりません。その場合は皮膚科へ行きましょう。

頭皮のバリア機能を回復させる為には、原因である肌の乾燥を避ける工夫が必要になります。

  • 刺激の強いシャンプーの使用を止める。
  • 洗剤を使用する時はゴム手袋をする。
  • 皮脂を奪い去る物質(紙、強風など)への接触を避ける。
  • 服の素材を柔らかい物に変える。

上記は自分で出来る対処法なので積極的に行って下さい。

軽度の乾皮症であれば、これらでも症状は良くなります。

自分の頭皮湿疹がどれなのか分からない!

自分の頭皮湿疹が何の種類で何が原因か分からない!そんな人は、とにかく皮膚科へGOです。

分からなければ皮膚科へ行く

皮膚科に行く人の約1/3はこの皮膚の湿疹と言われている程、湿疹で悩む患者さんは多いようです。頭皮湿疹で悩んでいるのは貴方だけではありません。頭皮のかさぶた対処法でも書きましたが、早い段階で皮膚科へ行くことをオススメします。皮膚科では簡単なパッチテスト等で種類や原因を的確に見極められるはずです。

治療方法としては、パッチテストや内服薬、外服薬での治療になります。

パッチテストとは頭皮湿疹などの皮膚表面に異常が出た時に、原因の可能性がある物質を肌へ貼り付ける事により原因を特定するものです。一般に二の腕や太もも等の肌の柔らかい部分に10円玉ぐらいの大きさで原因となりうる物質を貼り付け、最低48時間掛けて肌の変化を観察していきます。

押さえておきたい注意点

皮膚科へ行き内服薬や外服薬で治療を行い、貴方の頭皮湿疹は治るはずです。しかしそれは一時的な人が殆どで、多くの人は再発してしまいます。

何故か!?

それは薬と言うのは、治すのが目的であって、予防や対策はまた別の話だからです。足に水虫ができている人は、なかなか治りません。それは頭皮湿疹でも同じことが言えます。これらを本当に治そうと思うのなら、原因を無くすか減らすしかありません。

何回でも言いますが…

だからこそ頭皮湿疹の種類や原因を知っておくことが大切なんです。

私が上記で示した各対処法は、貴方が毎日の生活の中で行うものです。時間は多少掛かるかもしれませんが、結局はこういった行動が1番の予防・対処法になります。


スポンサーリンク

頭皮湿疹の原因を見極めよう!適切な対処法とは…」への2件のフィードバック

  1. スイ

    癌の抗がん剤でも頭皮が、点々と赤色の湿疹が、出来ますか?!頭全体に、小さな赤色の●が、無数有ります!

  2. gura 投稿作成者

    スイさん。こんにちは。
    コメント有難うございます。

    癌治療で抗がん剤の副作用としても頭皮の湿疹は出ると思います。
    それと同時に脱毛の症状も出ると思われ、頭皮湿疹と脱毛の2つで悩む人が多いようです。

    私自身は抗がん剤の治療は受けたことが無いので断言は出来ませんが、抗がん剤の副作用で頭皮が痒いのであれば、毛嚢炎(もうのうえん)や頭皮が乾燥している可能性があります。
    毛嚢炎の場合は外用ステロイド薬で、頭皮の乾燥であれば頭皮の保湿剤(保湿クリームや育毛剤)で治療が出来ると思います。

    また、頭皮を清潔に保つ為にもシャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系をオススメします。

    抗がん剤の量や種類によって症状も違うと思いますので、担当医の方とご相談されてみては如何でしょうか。
    私がアドバイス出来ることはこのぐらいです。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。