頭皮のかさぶた1日でも早く治したい!様々な原因と対処法

頭皮のかさぶた

頭皮にかさぶたができて悩んでいる人は意外と多いと思います。かさぶたができると、それが頭皮のかゆみに繋がり、無意識のうちに指で触ったり、爪で引っかいたりしてしまいます。そしてまた頭皮の同じ個所にかさぶたができてしまう。そんな悪循環から1日でも早く抜け出したい。1日でも早く治したいと思っている人も多いはずです。

ここでは、そんな多くの悩める子羊達(あなた)を、頭皮のかさぶたから1日でも早く治す為の、原因と対処法を一緒に学んでいきましょう。

また「頭皮のかさぶた」「頭皮の湿疹」「頭皮のフケ」「頭皮のかゆみ」「頭皮の雑菌」これらの頭皮の仲間達はとても密接した関係があり、共通する原因と対処法があります。その為、頭皮のかさぶたが治るとフケや湿疹も一緒に治ったりする場合があります。

頭皮湿疹でお悩みの人は「頭皮湿疹の原因を見極めよう!適切な対処法とは…」をご覧ください。

この様な頭皮のかさぶたが出来てしまっている状態だと、頭皮環境の悪化により薄毛・抜け毛の原因になりかねません。一刻も早く頭皮環境を整え、薄毛・抜け毛の原因を1つでも減らしていきましょう。

記事自体がこの1ページのみで分かる様に書いた為、大変長くなっています。頭皮のかさぶたの原因と対処法をザッと知りたい人は最後のまとめを見て下さい。

頭皮のかさぶた原因【日常編】

頭皮のかさぶたの原因には実に様々な事が関係してきます。ここでは日常的に皆さんがとっている行動や物から、かさぶたの原因になる可能性がある主なものを上げてみました。あなたが以下の項目に当てはまっている箇所がないか再度確認しておきましょう。ではご覧下さい。

  • 不規則、不摂生な食生活をしている。
  • 不定期に就寝している。
  • 最近運動をしていない。
  • 帽子をいつも被っている。
  • ストレスが溜まっている。
  • シャンプー剤の洗浄成分が強すぎる。
  • シャンプー剤を手の平に取り、泡立てずにそのまま頭皮へ着ける。
  • 洗髪時に爪が頭皮に当たっている。
  • 洗髪後のすすぎ洗いで、シャンプー剤が頭皮に残っている。
  • 風呂上りに頭皮と髪の毛が濡れている。
  • ドライヤーで頭皮を過度に乾燥させている。
  • クシで頭皮を傷つけている。
  • 帽子や枕カバーを変えていない。

どうでしょう!?該当する項目ありましたか?

主な原因とされているのは「シャンプー剤の洗浄成分が強すぎる」というのが最有力候補です。その他、シャンプー剤系やお風呂後の頭皮の乾燥も軽視できませんね。

シャンプー剤の洗浄成分が強すぎると頭皮に過度な刺激を与える事になります。頭皮のかさぶた悪循環上図の様に刺激の強いシャンプーを毎回使用する事により、頭皮の悪循環が生まれてしまいますね。

そして意外と忘れがちなのが、「帽子や枕カバーを変えていない。」これは帽子や枕カバーに雑菌が繁殖してその雑菌が頭皮に付いて炎症を起こし、かさぶたになります。

頭皮のかさぶた原因【病気編】

頭皮のかさぶたの原因の1つとして、病気という事が考えられます。あなたはただの「かさぶた」と思っているかもしれません。しかしそれは脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という病気かもしれません。

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)

頭皮のかさぶたの正体はこの脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)である事が多いとされています。乳児・高齢者に特に多くみられ、乳児に発症する湿疹の事を乳児脂漏性湿疹とも言われます。

この脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多く、湿気の多いジメジメした環境(梅雨など)で特に多く見られる皮膚炎です。脂漏性皮膚炎は発症すると頭皮が赤くなり、かゆみを伴います。このかゆみから頭皮を掻き、かさぶたやフケが発生してしまうものです。かゆみの程度には、人によりかなりの個人差があります。ですから多少かゆいなと思ったらそれは脂漏性皮膚炎かもしれません。

人の多くは顔や頭皮に皮脂腺が多い為、大半の人はこれらの部位にできてしまいます。因みに頭皮は顔(Tゾーン)の2倍もの皮脂腺があると言われています。あなたが額や鼻に汗を掻いていれば、頭皮はその2倍もの量の汗を掻いている事になります。ゾッとしますね…

脂漏性皮膚炎の原因は以下になります。

  • マラセチア菌(真菌)による頭皮の刺激
  • ビタミン不足(B2,B6)
  • アルコール依存
  • ストレス
  • 糖尿病
  • 肝疾患

実に多くの原因がある為、原因を特定するのが難しいとも言われていますが、「マラセチア菌~」、「ビタミン不足」の上記2つが最有力候補とされています。

マラセチア菌による頭皮の刺激とは?

マラセチア菌とは皮膚常在菌の1つで真菌です。簡単に言うと、皮膚に常にいるカビの一種です。カビと言っても誰もが持っているものなので心配はいりません。脂漏性皮膚炎の構図マラセチア菌が増殖すると、皮脂分解酵素を分泌します。この皮脂分解酵素により皮脂は遊離脂肪酸とグリセリンに分解される。そして分解された遊離脂肪酸が酸化する事で、過酸化脂質に変化し、これが頭皮を刺激し炎症させる原因です。

マラセチア菌は皮脂と湿気を好む習性があります。つまり皮脂の分泌量が多い頭皮は危険だという事と湿気が多い梅雨の時期もそうですが、お風呂上りで髪の毛が湿った状態のまま放置していると、このマラセチア菌が増殖して脂漏性皮膚炎になる可能性が高まるという事です。

ビタミン不足(B2,B6)

脂漏性皮膚炎になってしまった人にはビタミンB2,B6が不足していると言われています。

これらのビタミンが不足すると皮脂(脂肪)が酸化しやすいとされ、酸化した過酸化脂質が頭皮を刺激します。その刺激により頭皮のかさぶたが完成してしまいます。

1日でも早く治したい人の対処法

1日でも早く治したい人は皮膚科へ行くことをオススメします。一番手っ取り早く治せる対処法です。

皮膚科へ行く

皮膚科へ行く。ですが実際多くの人は皮膚科へは行かないと思います。「たかが、かさぶたが出来たぐらいで大袈裟な」と…その気持ちは充分承知しています。私の嫁さんも頭皮にかさぶたがあり、頭をよく掻いてました。頭皮を見ると出血していましたね。

その時の私達のやり取り

私:「皮膚科へ行けば?」

嫁:「嫌だ!」と言い返してきやがった。

私:「何で?」と聞くと

嫁:「病院嫌いだし、面倒くさい!」ってそんだけかい。

私:「でも病院いけば楽になんじゃない?」心配の眼差し!

嫁:「皮膚科って混んでるし、それにこのぐらい病院行くほどじゃないよ」このお方はかさぶたを舐めているな。

私:「病院は混むもんだよ。はよ行け!」正論です。

嫁:「大丈夫だって、うっさいなー」うるさいって心配してんのに…(汗)

風邪引いた時は、嫁:「私もうだめかも。」ぐらいの勢いで病院へ行くと自分から言い出すくせに、ほんと気分屋です。

私の予想だと掻いて一時的にスッキリするから、頭皮にかさぶたが出来た時は病院へ行かない。風邪の場合は熱が出たり、喉が痛かったり等、自分ではどうしようもないから病院へ行くのではないでしょうか。

皮膚科で飲み薬や塗り薬で治療できると思います。一般的には外用坑真菌薬という塗り薬を使用して治療をしていきます。

この外用坑真菌薬は1週間~2週間位で効果が出始める為、1日でも早く治したい人の対処法としては1番適しています。

ただし、数ヶ月で再発する可能性が非常に高く、あくまでもその時に発症した脂漏性皮膚炎の改善には最適です。

頭皮のかさぶたが治ったとしても根本的な原因を排除しなければ、やがてまたかさぶたができ苦しむことになるでしょう。そうならない為にも原因に対する対処法(下記参照)を実行する事が大切になってきます。

頭皮のかさぶた対処法【直接対策】

直接対策とは頭皮へ直接的に原因になるものを排除したり、変更するというものです。この直接対策を実行する事により、比較的早い段階での回復も期待できます。具体的には以下のようになります。

  • シャンプーを変える
  • シャンプー剤をしっかり洗い流す
  • 風呂上り後しっかり適度に乾燥させる
  • ドライヤーを変える
  • 帽子や枕カバーに除菌スプレーを掛ける

シャンプーを変える

簡単にいきます。シャンプーには頭皮への刺激が強いものと弱いものがあります。強すぎる刺激は頭皮を傷つけたり、かゆみやフケを発生させ、それらが原因でかさぶたになる可能性があります。

こちらの「頭皮の架け橋!育毛シャンプーの基礎知識」でシャンプーの何が強すぎて頭皮に良い成分は何かを詳しく説明しているので、シャンプーを変えようと思っている人は先にこちらの記事を読んだ方が良いです。

シャンプーを変える事によって頭皮のかさぶたが無くなると言うケースはとても多く、ちょっと肌の弱い人は刺激の弱いシャンプーに変えるだけでも治ってしまう事がよくあります。

昔から同じシャンプーを使用していたのに、急に頭皮のかさぶたが出来始めてしまった。という人でも原因がシャンプーというケースもあります。その理由として体質変化や環境変化等がある為です。

理由で身近な存在では、ストレス、禁煙、加齢、転職したとか、そんな感じの類ですね。これらの変化によって自分では気づかないレベルの体質変化が生じ、それが頭皮のかさぶたやかゆみに出てしまう場合があります。

シャンプーを変える事は、何も薄毛・抜け毛の為に買い換える事だけでは無く、頭皮のかさぶたを治す有効な手段ともいえるので、頭皮環境を整える事は大切です。

また、こちらの「サクセスシャンプーは危険なのか!噂の真相を解明。」ではサクセスシャンプーをピックアップした記事になっていますが、一般的に市販されているシャンプー剤も、そのほとんどが同じような強い刺激が入っている事が多く、参考になると思います。

記事最後に「頭皮のかさぶた」、「頭皮のフケ」、「頭皮のかゆみ」に最適だと思うシャンプーについて少し書いておきますね。

シャンプー剤をしっかり洗い流す

このサイトでもちょくちょく書いているのですが、シャンプーで洗髪をした後しっかり洗い流さないとシャンプー剤が頭皮に残っていてそれが頭皮のかさぶたに関係してきます。シャンプー剤による頭皮のかさぶたこの様にならない為にも、シャンプーを使用した後のすすぎ洗いは入念にやった方が良いです。

また、すすぎ洗いをした後は身体にシャンプー剤が付着したままの場合もあり、背中や首回りにニキビが出来てしまう人はこれが原因の可能性があります。

風呂上り後しっかり適度に乾燥させる

風呂上り後は濡れたままの髪の毛で放置しておくと雑菌は群がってきます。雑菌はジメジメが好きなようです。

なので頭をタオルドライしてある程度水分を取った後に、ドライヤーでしっかりとそして適度に乾燥させる事が大切です。ここでは「しっかりと適度に」が重要で難しい所です。

ドライヤーで乾燥させ過ぎてしまうと、それは乾燥からくるかゆみに繋がり、結果かさぶたが完成してしまう。頭皮が濡れたままでも雑菌が繁殖して、かゆみから頭を掻きこれまたかさぶたが完成してしまう。

しっかりと乾燥させる事は大切ですが、あくまでも適度に温め過ぎないように乾燥させていく事を意識して行いましょう。

適度にしっかりと何て難しいと思われているそこの貴方は、ドライヤーを変えてみるという手もあります。

ドライヤーを変える

適度にと言われても良く分からんって人の為に、最近のドライヤーにはスカルプモードってのが付いているドライヤーがあります。これは頭皮をしっかりとそして適度に乾燥させる為の機能で頭皮を60℃のベストな温風で乾かしてくれます。

このドライヤーに関して詳しく知りたい人はこちらの記事「パナソニックのナノケアドライヤーで薄毛改善計画!頭皮に潤いを。」を見て頂ければ分かりやすいです。ナノケアドライヤーで薄毛・抜け毛の改善が見込めるのか記事にしてあります。

帽子や枕カバーに除菌スプレーをかける

帽子や枕カバーは頭皮や髪の毛に何時間も直接触れています。夏の暑い日に帽子を被ってお出かけするにしても6時間ぐらいは被っていると思います。直射日光を避ける意味で帽子は非常に有効的な手段の一つだと私も思います。

しかし帽子を長時間被っていれば当然、汗を掻いて帽子と頭皮の間は正にサウナ状態になっています。そんな帽子を取ってそのまま放置されていませんか?頭皮はお風呂に入って綺麗になりますが、帽子はまだ汚いままです。

私もたまにやってしまうのですが、私服等は直ぐに洗濯機に入れるくせに帽子は入れず、家に帰ってきたら帽子掛けにパサッと掛けてしまいます。こんな状態ではこの帽子に雑菌が繁殖してしまい、次に帽子を被ってしまったら最後!その雑菌が頭皮や髪の毛に移ります。そして頭皮が汗をかいたらもっと繁殖していく。

考えると気持ち悪いですが事実なので受け止めるとして、雑菌を繁殖させない為にも洗濯するか、除菌スプレーを掛けるかしましょう。オススメは除菌スプレーかな。手軽に出来て最近では日干しするよりも雑菌の繁殖を防げる除菌スプレーが売られている程、進化しています。

除菌スプレーはお近くのドラッグストア等に売られています。

枕カバーも帽子と同様で、人は寝ている時に汗を大量に掻いているとされていますので、枕カバーがそのままだと、当然雑菌は繁殖してしまいます。こちらも洗濯するか除菌スプレーを掛けるかして、頭皮のかさぶたになりうる原因を排除し対策していきましょう。

頭皮のかさぶた対処法【間接対策】

頭皮のかさぶた対処法の直接対策は理解していただけたと思います。次は間接対策です。ここでは間接的に頭皮のかさぶたの対策になるものを紹介していきます。間接対策を実行する事により、直接対策よりも回復に時間が掛かります。ですがこれら対処法は対策と同時に予防も出来る為、とても有効な手段の1つです。間接対策は以下の通りです。

  • ビタミンB2、B6を摂取する
  • 食生活の改善をする
  • 適度な運動をする

ビタミンB2,B6を摂取する

ビタミン(B2,B6)は皮膚の代謝を改善して、傷ついた頭皮を回復してくれたり、酸化を防いでくれる効果に期待できるので積極的に摂取しましょう。

  • ビタミンB2
    レバー、うなぎ、卵、納豆に多く含まれています。
  • ビタミンB6
    マグロの刺身、バナナ、野菜、大豆、小麦に多く含まれています。

食生活の改善をする

これは何の病気に対しても基本中の基本です。不規則不摂生、暴飲暴食な食事を治すことは大前提になります。それから唐辛子やキムチなど刺激の強い食べ物が好きな人は出来るだけ抑えるようにした方が良いでしょう。

これらの刺激物は肌や頭皮を酸化させる原因にもなります。これらを意識した食事の取り方が大切です。

適度な運動をする

皆さん適度な運動してますかね?人には誰しも代謝というものがあります。代謝を高めると身体の血行が良くなるものです。

かさぶたの原因には実に様々なものがあり、それを特定するのは難しいとされています。

ですから健康体でいるためにも、適度な運動は欠かせません。運動すれば代謝も良くなり、筋肉もつき、発汗することによりストレスも軽減されます。何より薄毛・抜け毛にも良い!

今一度自分と向き合い、考えてみて下さい。

頭皮のかゆみを今すぐ抑えたい人の為のシャンプー

頭皮のかゆみを今すぐ抑えたい人には、毎日使用しているシャンプーを変える事で解決される場合も多いです。頭皮のトラブルに私が最適だと思うシャンプーを載せておきます。皮膚科でも紹介されている抗真菌剤入りシャンプーです。こちらは育毛シャンプーではありません、フケやかゆみ等の頭皮のトラブル専用シャンプー、リンスです。

コラージュフルフルネクスト

この持田ヘルスケア コラージュフルフルネクスト は、抗カビ成分の「ミコナゾール硝酸塩」を、 シャンプー、リンスに配合しています。その為、頭皮のかさぶた、フケ、かゆみの原因とされている雑菌の繁殖を抑えてくれます。

これは日本初です。

また、頭皮のにおいを防ぐ、抗酸化・抗菌成分の「オクトピロックス」も配合されています。この2つの有効成分で頭皮のトラブルに対抗するシャンプー、リンスです。

使用する人に合わせた2種類のタイプがあります。

  • 頭皮が油っぽい人は、「すっきりさらさらタイプ」
  • 頭皮が乾燥しやすい人は、「うるおいなめらかタイプ」

こちらは個人で判断して、自身に合う方を選べば良いと思います。

価格は両タイプとも200mlで1,728円です。400mlのもありますが、こちらは3,240円と少々高いので、まずは200mlで試して自分に合っているか確認してから400mlの方に移れば良いと思います。

【注意】コラージュフルフルネクストは育毛シャンプーではありません。

薄毛・抜け毛のみで悩んでいる人には、オススメしません。あくまで、頭皮のトラブル専用です。薄毛対策用でシャンプーを変更する場合は育毛シャンプーを使用し、頭皮環境の改善を図る方が適切です。間違えないように!

まとめ

長々と書いてしまったので最終的に何をすれば良いのか簡単にまとめておきます。

※下記で上げている項目は代表的な事例のみを書いています。

頭皮のかさぶた原因

  • シャンプー剤の洗浄成分が強すぎる
  • ドライヤーで頭皮を過度に乾燥させてしまっている
  • 帽子や枕カバーを変えていない
  • 脂漏性皮膚炎の可能性がある

頭皮のかさぶた対処法

  • 病院へ行く
  • シャンプーを変える
  • シャンプー剤をしっかり洗い流す
  • 風呂上り後しっかり適度に乾燥させる
  • ドライヤーを変える
  • 帽子や枕カバーに除菌スプレーをかける
  • ビタミンB2,B6を摂取する
  • 食生活の改善をする
  • 適度な運動をする
  • コラージュフルフルネクスト 薬用シャンプー&リンスを使用する

まとめはこんな感じになります。

私の見解は、かさぶたができた時点で早めに皮膚科へ行き、今ある頭皮のかさぶたの処理をして改善されるのが良いと思います。それと同時進行して、それ以外の対処法を実行していく事で早期回復が見込め、再発する恐れがない健康的な頭皮を得る事ができる近道だと思います。

スポンサードリンク


スポンサーリンク

頭皮のかさぶた1日でも早く治したい!様々な原因と対処法」への8件のフィードバック

  1. ハナ子

    わかりやすくとても勉強になりました‼︎今日から心がけてみようと思います(●^口^●)ありがとうございます(^-^)

  2. gura 投稿作成者

    ハナ子さん。
    コメント有難うございます。

    この頭皮のかさぶたの記事が参考になれば何よりです。
    日頃から心掛けることは、とても大切なことだと思います。何をやるにしても「意識する人」と「意識しない人」とでは、躊躇な差が出ると思われます。

    かさぶたを完全に治すことは、難しい作業ですが応援しています。頑張って下さい。

  3. gura 投稿作成者

    匿名さん。
    コメント有難うございます。

    この「頭皮のかさぶた~」記事が役に立っていれば幸いです。
    他の記事も良かったら読んでいって下さい。

  4. gura 投稿作成者

    こさん
    コメント有難うございます。

    この記事が役に立てたようで光栄です。

    これからも頭皮環境のことや薄毛・抜け毛についての情報を
    随時配信していきますので、これからも宜しくお願い致します。

  5. 匿名

    とっても勉強になりました。まだ20代で髪の毛の悩みなんてと侮っていたら見事にハゲ始めたので、こちらのページで紹介されている対策を実践してフサフサを取り戻してみせます!

                ,-─ 、
               /    \
             / 彡⌒ミ  \
            / . (´・ω・`)   \
          /  |\      /|_\
         /_ト このスレには ∠_\
       / \.     ハゲや   / . \
      /  <  薄毛抜毛の表現が .>   ヽ
      |   / 含まれています。  \    .|
       \   ^7 /|   ,、 /\  ̄   /

  6. gura 投稿作成者

    匿名さん
    コメント有難うございます。

    20代の人は若いので、薄毛改善も早いと思います。人により原因は異なってきますが、若い人の場合は頭皮関連が荒れていたり、ストレスが原因であることが多いのが特徴です。また根本的な原因は生活習慣にあることが多いとも言われています。

    若いうちからケアしていけば本来の薄毛のスピードをかなり抑えられると思います。今の内からケアしていくことは大切ですね。是非フサフサを取り戻して頂きたいと思います。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。